母には私より見えているものが多いらしい

 

おい、母よ…大丈夫か・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

前から多発していることなんだが、

母には私と父以外の誰かとしゃべっている時がある。

 

 

 

霊的なものとかではなく、

幻覚と言っていいかわからないけど、そんな感じのものだと思う。

 

 

 

昨日の夜もまた誰かとしゃべってた。

前にも似たようなことがあった。

 

 

 

母は台所で夕飯の片づけ。私はいつも通りリビングのソファで食後の休憩をしていた。

そしてら母がなんか喋っている、というか呼びかけている。

台所とリビングは空間的にはつながっているので、何かしていると音でわかる。

 

 

 

なんや?またか?

と思いながら、そろーりと台所へ近づいていくと

 

 

 

 

「ほら!その生ゴミこっちやって!」

 

 

 

 

と母の声。

 

 

 

裏口の扉を抑えながら誰かに呼びかけている。もちろんそこには誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

我「誰に話しかけとんの」

 

 

 

 

 

 

 

母「…ん?…あんたの分身」

 

 

 

 

 

と冗談かわからん答え。

 

 

寝ぼけているならともかく、まだ19時過ぎ。正気を保った状態でこの有様。

 

 

 

これはどういうことなんだろう…

 

 

 

 

 

 

そんなんがあって次の日の朝、

 

 

母「昨日は朝方に、下(一階)に降りてって、

テレビの後ろに入り込んだ〇〇(ペットの犬)を

一生懸命引っ張り出そうとしとったんさ」

 

 

 

と、昨日知らぬうちに徘徊していたという報告をしてくれた。

自分が徘徊して、何をしたか覚えているらしい。

 

 

またか…と思ってさらっと聞き流そうとしたら…

 

 

 

「その時階段を踏み外した」・・・・・・・・・・・だと

 

 

 

 

それが1番怖いねんてー!!!!!!前から思ってるけども!!!!

 

徘徊するのはまぁ、外とかに出たり火を使わんかったら別にまだええねん。

動き回るだけで害がなければ別にまだええねん。

 

 

 

そこで思わぬ事故に遭われる恐怖の方がデカいねんて…

 

 

 

階段に目立つ滑り止めシートでもつけようかしら

 

 

何かあってからでは遅すぎる

 

 

 

 

 あぁ、いつも気が休まらない

 

 

 

 

さぶお

不安で不安でしょうがないけど眠れないことはないのが私

将来が

 

 

見えない

 

 

私は

 

 

なにがしたい

 

 

今まで何をしてきたんだろう

 

 

今何をしてるんだろう

 

 

 

 

将来が不安とかの粋じゃない。

結構、絶望的な状況なんじゃないかってくらい明るい未来が見えない。

 

 

 

今の仕事は底辺以下の収入で、

実家暮らしだからこそやっていけてるだけだから、

数年経たないうちにやめるだろうし、

でも次の仕事も簡単には見つからないだろうし、

一人暮らし願望も今の所口ばかりで実行できていないし、

でも親の年齢的にも現状的にも考えてあまり遠くに住むことはできないし

するつもりもないし、

でも実家にいたら私はずっとこのままで動こうとしない。

 

 

 

今の暮らしぶりを他の友達とかと比べてしまって、

卑屈になって人と会わなくなってきているのもよくない傾向なこともわかっている。

 

でも会ってご飯食べてお金だけ使って、

落ち込んで帰ってくることになると思うとデメリットしかないじゃん…って、

 

そんな悪いことばっかじゃないのに変な言い訳付けてる自分がいる。

 

 

 

 

楽しいことが続けばパァッと忘れられるのに、

何もない日々が続いたり失敗が続くと、こんな風なよくないことばかり考え始める。

 

 

仕事やお金のことから始まり人間関係や将来の不安とか、

どんどんスケールの大きい話になってきて…1人で傷ついてる。

 

定期的に訪れる負の習慣。

 

 

 

 

同じ生活レベルの人がいたら、自分の現状をいくらでも話せるはずなんだけど、

基本ほとんどの人が(少なくとも自分よりは)高い生活水準で暮らしているから、

上から目線で見られそうで話せない。変に慰められても余計傷つく。

 

 

話を聞いてくれたところであなたはいっぱいお金をもらってるじゃん?

話半分で聞いてるんでしょ?って勝手に決めつけちゃう。

 

 

そんな自分も相当なダメ人間だな…ってまた落ち込む。

 

 

 

だから仕事やお金の話はしない。自分のプライドもあるし。

それが自分にとって、今の自分を保ちつづける最善策だと認識している。

 

 

 

 

あれやろう、これやろうって思いはするけど、

なかなか実行に移せないのも私の性格なんだと思うようにしている。

ただ変化することから逃げているだけだって思われても構わない。

今まで自分を守る為に逃げてきたんだから。必要な逃げだったと思うようにしている。

 

 

 

いきなり大きなチェンジはできなくていいと思う。

ちょっとずつ、ほふく前進するように進んでいきたい。

 

 

 

 

はい、たまに訪れる欝々話でした。

 

 

 

さぶお