鈴鹿の「ふじがおか」で鳥焼き食べてきた

三重県民なのに

三重県民なのに!

三重県民なのに!!

 

一度も食したことのなかった「鳥焼き」

 

この歳になってやっと初の鳥焼き

 

味わうことができました

 

 

 

訪れたのは鈴鹿にある「ふじがおか」さん

ちょうど鈴鹿に行く用があって、あ!行けるじゃん!!ってね。

 

久居にも「藤が丘食堂」っていう鳥焼きのお店があるけど、系列店だろうか。

私はむしろ久居の店舗しか知らなかった。

 

というか、久居の方は18:30ラストオーダーの19:00閉店だから、

なかなか仕事終わりとかに行けなくて、だから今まで行けてなかったんだけど…

(ランチもやってるけど、鳥焼きはディナーで食べたかった自分)

 

このお店は19:30ラストオーダーの20:00閉店

ありがたい

 

 

 

 

友人と2人で頼んだのは

唐揚げ、ご飯小、鳥焼き4人前(写真は2人前)、鳥刺し

 

 

ものの数分ですべて運ばれてきた

 

f:id:sabuochan:20190325083659j:image

 

私、鳥刺しも人生初である。

鳥肉は完全に火が通ってから食べろ。生はとても危険だと聞いてきた。

生の鳥に当たったらそれはもう大変苦しむ、と。

それで鳥焼きは一生食べないつもりでいたけど…友人はこの鳥刺しは毎回注文する!

めっちゃうまいぞ!というので、これも経験だと思って食べてみることにした。

 

 

なんか外側が炙ってあるのかな?

鰹のタタキみたいな感じ?

全部生よりは多少マシか…

 

端の小さい一切れを食べてみた。

うまかった。

実はもともと火の通っていないものはあまり好きじゃないから

普段から食べないんだけど、うん、これは普通に食べれますわ。

初めて食べたけど違和感なく食べれて驚いた。

めちゃくちゃ感動するうまさではなかったけど、次来たらまた頼むかもしれない

 

f:id:sabuochan:20190331211925j:image

 

そして唐揚げもタレ付きでご飯がススム君だった。

揚げたて激アツ状態で、気をつけないと口が大惨事になる。

 

 

 

 

そしてメインの鳥焼き!!

 

じっくり焼きます

じっくり焼きます

完全に火が通るまでじっくりと焼き尽くします

 

 

これはもう味噌ダレが付いた状態だからそのまま口へIN

 

 

いい意味で想像通りの味である。

味噌ダレだけでご飯大いけたわ。

ご飯小じゃ足りなかった…しかしもう一つご飯小を頼むほどの余力というか、

自信がなかったので注文はしなかった。

 

 

これはもううますぎるわ。

味噌ダレだけ買って帰りたかったが、残念ながらなかった。あったら商売上がったり。

 

 

 

満足満足大満足なお食事だった。

 

これで2600円。1人1300円だったら安くない?

ギュウの焼肉だったら2倍は余裕で行くやん?

思ったより安すぎてびびった。

 

 

やっぱり今度はランチも行こう

 

 

さぶお

 

頑張る必要がないものもあった。悲しくなった。

ベジタリアンのお客さんへ出す料理に苦労する日々。

何を作ったらいいのかわからない。

 

なんの野菜ならよく食べるのか、どんな味付けが好みなのか。

もともと野菜が苦手な私は、余計わからない。

サラダなら食べてくれるのわかるんだけど。

 

 

 

肉と野菜を一緒に調理した料理でも、肉を避けて野菜を食べてくれるものなのか。

肉の脂分が野菜についてるからアウトか。

マヨネーズとか隠し味に入れてもわかってしまうのか。

こっそり入れるべきではないのか。

 

野菜だけの炒め物を作っても、あまり食べないこともあって、

何がお気に召していないのか理解できない。

多少食べてるんだろうけど、減りが少ないとおいしくなかったんじゃないかって

思ってしまう。

 

 

考えに考える毎日。

 

 

ヴィーガンチーズとか、ヴィーガンマヨネーズとか作るまでは、さすがにできない

(というかそこまでしてチーズやマヨネーズっぽいもの食べたいなら、

ヴィーガン辞めちまえと思う)

 

だからあくまで家にある、自分がよく使う材料でできる料理…

 

 

ってかなり限りがある。

 

 

 

もうよくわからなくなったから、味付けは本人に任せてみようということで、

シンプルにジャガイモ・玉ねぎ・人参・ブロッコリー・トマトをザク切りにして

温野菜にしてみた。

野菜を大きめに切って、蓋つきシリコン容器に入れてレンジで温めるだけ。超簡単。

 

テキトー感満載の料理 (もはや料理?) だったが、食卓に出してみたら…完食だった。

 

 

 

 

おっ

 

 

 

 

純粋に作った料理をいっぱい食べてもらえたことが嬉しかった。

 

 

 

 

と同時に、なんだか少し切ない気持ちになった。

 

いろんな味付けを考えて、野菜の組み合わせを考えて、

ときにキノコを入れてみたり、春雨入れてみたり、豆腐入れてみたり、

豆入れてみたり…自分なりに手間をかけて作った料理はあまり食べられず、

 

ただ野菜を切ってレンジに入れただけの料理をもりもり食べる。

サラダも然り。野菜を切って混ぜただけなのにもりもり食べる。

 

 

私がいくら頑張っても意味なかったんだって…

自分が考えて作ったものじゃなくて、

誰でも作れそうな素材そのものでしかない料理の方が食べてくれるんだって。

 

苦労報われない感じ。

 

 

 

あぁ、今まで頑張ってたのは何だったんだろう、と。

 

 

いや、そのプロセス頃が今回の発見につながったのも事実だけど、

 

 

なんか悲しい

 

 

 

さぶお