世間が狭いは住みづらい

 

 

職場は自宅から車で20分くらいのところ。

 

職場の人は、転勤してきた人ばかり。

というか、定期的に強制転勤。よって職場から家が近い。

 

私の行動圏=職場の人の行動圏なのである。気にいらない。

会う可能性が高いじゃん。

 

前の仕事は大丈夫だった。シフト制だったし。

私が休めば、他の人が出勤。他の人が休めば、私が出勤。

休みが合うことなどなかったから。どこに行こうが、絶対会わない。

超気楽だった。

 

 

この間、昼過ぎに母とスーパーへ買い物へ行っていたところ、

スーパー内にあるクリーニング店に見たことある顔。

 

一度だけしゃべったことのある男の人だ。部署は違う。ほぼ会わない人。

私とは性格は正反対。チャラついてる。

 

その人はクリーニング店のカウンターの方を向いていて、

スーパー側には来ないだろうなと思いつつ警戒。絶対鉢合わせしたくない。

結局会わなかったからよかったけど。ホントストレスたまる。

 

 

 

私は普段から、なるべく人に会わないように、常に周囲を警戒してるから、

大体知り合いがいても見つけるのは自分。そして会わないように隠れる、逃げる。

 

だって休みの日って、服装がとにかくフリーダム。夏はリラコ、冬はジャージ。

髪はセットせず軽く結ぶだけ、もしくは跳ねた髪のまま。

もちろん化粧してない。

 

ちゃんと仕事行くときみたいな格好なら、誰か見つけても挨拶くらいするかもしれないけど、休みの日に、引きこもっている気晴らしに買い物行くだけなのに、

そんなめんどくさいことする人なんてこの世にいるのかよ…

 

 

 

大学の時もそうだった。

 

1人暮らしをしていた、4回生の夏休み。

私の通っていた大学も、1人暮らしの人が多く、近くに住んでる人が多かった。

 

部活も引退して、夏は就活しつつフリーに過ごしていた。

その日は朝から自転車で皮膚科に行き、ニキビを見てもらって、帰るところだった。

 

顔を見てもらってたのもあって、完全すっぴん。

四条河原町で買ったTシャツに、ジャージの半パン。すね毛の処理は甘かった。

 

もう、すぐそこの道を曲がればアパートだというところで、

同じゼミの友達に遭遇してしまった。

・・・・・この格好で・・・・・恥ずかし

 

友「何してんの~?」

我「皮膚科言ってた~」

 

ちょっとしゃべってバイバイしたけど、早く帰りたいの一心。

何と思われただろう・・・・・

 

 

外の姿と、内の姿って違うからさ

不意打ちとかホント辞めてほしい。私の場合リスクが大きいから余計。

 

 

お願い私のテリトリーに入らないで。

入ってもいいけど、私の行動時間に合わせないで。

 

 

 

さぶお