覚王山でプチ歩き&食べまくり

 

この前のお休みに友達と久々に遊んできた。

私も友人も、共に三重県在住で、三重県内にはあまり遊ぶとこがないので、

名古屋らへんで探すか~となった。

 

私が、カナダで激ハマりしていた

「レッドベルベット」というケーキがずっと食べたくて食べたくて、

食べれるお店ないかな、と探していたところ、

レッドベルベットがあるカップケーキのお店が名古屋の覚王山にあった。

 

 

じゃー覚王山らへんでぶらつくかー、ということで覚王山観光に決定。

「いろいろ調べとくわー」と言う割に、お互いほとんど何も調べない。

ランチで行きたいとこくらいかな調べるの。

 

 

基本は、現地へ向かう電車の中で「なんも調べてへんけど、どうする~?」

って感じである。

 

 

電車の中で、何カ所か行きたい場所をピックアップして、

行けなかったらしょうがないか~っていう程度に自由気ままに散策している。

 

 

遊びに行く一番の目的ってのが、

インスタ用の写真を撮るわけでもなく(私はインスタは見るだけしか使ってない)

行ったことのない観光地で、刺激を受けたいってことでもない。

 

 

仕事のこと、最近ハマっていること、普段の生活、最近のニュースとかを、

遊びに行く先で、延々とおしゃべりをすること。それを楽しみにしてる。

 

お互いに、一日のスケジュールをかっちりと決めて、

時間に追われながら動くのが苦手だから、そこに重きを置いてないし。

ゆっくりおしゃべりしながら、ぶらり。

 

 

それなら家でしゃべってたらいいだろって感じだけど、

おいしいもの食べたいから、ちょっと遠くまでいく。三重には店が少ないから。

 

そう。第二の目的は「食」です。

いや、むしろ食べることの方が第一目的・・・なのか・・・?

いっつも探すのは観光地じゃなくてご飯屋さんかスイーツやもんな…

すいません訂正します

 

 

 

ってことで、当日。

友人は少し離れたところに住んでいるので、名古屋に向かう電車の中で合流。

覚王山

 

名古屋駅から、さらに電車で15分くらいで着いた。

11時30分くらい。友人が目をつけていたランチのお店へ。

 

 

お店の名前は、

 

「ザラメ 名古屋 (ZARAME NAGOYA)」

 

覚王山駅から徒歩で5分くらい。

発祥は岡崎らしく、ドーナツが有名。でもランチもやっているらしかった。

 

行ったら満席だったけど、10分もたたずに入れた。

 

入ったとたん左のショーケースにドーナツ!!!!

 

でか!!種類いっぱい!!!どれもおいしそう!!

シュガーグレーズかかってるのとか、リンゴやシナモン、ベリー系、

思ってるのと違うけどレッドベルベットもある!チョコやマシュマロ!!

 

 

とりあえずお昼を食べに来たので、ランチから。

私はパンケーキにサーモンとクリームチーズがかかったものを注文。

 

これが激ウマ過ぎた。

 

f:id:sabuochan:20170924141227j:image

 

パンケーキは何もつけなくてもいいくらいおいしい。

しっとりとしてるし、厚さもあるし、バターの香りが強いし。

塩を効かせてるのかバターの塩分のせいか、ほんのりあまじょっぱい。

ふんわりと柔らかいけれど、ぎっしり重い生地で、食べ応えがある。

 

サーモンとクリームチーズのしょっぱさと本当にマッチしてた。

 

パンケーキは2枚付いていたけど、残り1/4くらいでおなか一杯になってしまった。

しかし気合で完食。

 

 

ちなみに友人が食べたのは、サルサバーガー

二人ともランチセットで、サラダとスープがついてきた。

 

お腹がパンパンになって、もう今はなんもいらん・・・ってなって

ドーナツは帰りに買おうってことになった。

 

 

そのランチの店の通りにはおしゃれなお店がいくつかあり、

紅茶屋さん、雑貨屋さん、カレー屋さん、チーズ専門店、ケーキ屋さんなどなど

人通りは少なかったけど、お店の中には若い人が多かった。

 

 

そのあと訪れたのは、その通りをまっすぐ行った先の

 

覚王山 日泰寺

 

日本で唯一の、どの宗派にも属さない全仏教徒のための寺院

日泰とは日本とタイを意味しており、

タイから日本へ送られた仏舎利を安置するために建てられたお寺だそうです。

お寺の中にもタイに関連したものがいくつか見られました。

 

f:id:sabuochan:20170924141307j:image

 

そこでガチャガチャ式おみくじを引きました

 

小吉

 

 

その次に向かったのが、私お目当てのカップケーキ。

日泰寺をでて歩いて15~20分くらいかな。

 

お店の名前は

 

「London Cupcake」

 

こじんまりとしたお店で、ピンクピンクしている。

上にクリームの乗ったカップケーキがずらりと並ぶ。かわいい。

 

f:id:sabuochan:20170924141343j:image

 

2階にはイートインスペース。

下でレッドベルベットとドリンクを注文。お店の人が2階に持ってきてくれるらしい。

 

2階に上がるとそこは、インスタ映えだった。

不思議の国のアリスに出てきそうな、ピンクの壁、インテリア・・・

女子しかいない・・・・みんな写真を撮りまくっている。

 

 

上がった瞬間感じた

 

 

「あ・・・ここはおいしいカップケーキを食べるための場所じゃない・・・・

ここは、流行りに乗りたい若い女子たちが、インスタにあげる写真を撮るためだけに、

食べたくもないカップケーキと、体に悪そうな色のドリンクを注文して、

かわいい背景をバックに写真を撮りまくるための場所や・・・・」

 

 

隣の席には誰かのカバンが置いてあったが、カップケーキも人もいなかった。

後からわかったが、インスタ映えする場所に移動して写真を撮っていたようだった。

 

 

私たちが席について少しすると、隣の席の人がカップケーキとともに帰ってきたが、

その後も写真ばかり撮って食べる様子がなかった。

5分ほどして私たちのカップケーキがついて、私たちも数枚だけ写真を撮り、

そそくさと食べに入ったが、隣が食べ始めたのはそれから2~3分後だった。

 

 

反対側の女子2人はもうお写真を終えていたみたいだったけれど、

甘いドリンクと甘いカップケーキで口が甘々になったのか、

「もうこれいらないんだけど」って言って、残して帰って行った。

 

そんな彼女たちでも、インスタ上では

#カップケーキ#可愛い#女子会

ってハッシュタグ付けてどや顔で写真揚げるんやろな~と。しみじみ。

 

 

で、カップケーキのお味はというと

「んーー。レッドベルベットの味ではない・・・」

見た目は完全にレッドベルベット。赤かった。

でも上のクリームがただの砂糖味。そして軽くてホイップクリーム感。

本当のレッドベルベットはクリームチーズ系でもったり重いクリーム。

 

お土産を買うつもりだったけど、感動のない味だったので買わなかった。

しかも、フォークはついてこない方式らしく、手で食べてください、だそうで。

それはないやろ~って感じだったのでリピートはしないです。

 

でもインスタ女子はこぞって行くんやろうなぁと。

 

 

 

そしてまたまた粉もん食べておなかパンパンになり

向かったのが、「楊輝荘(ようきそう)」

 

かつて迎賓館、社交場としても利用されていた、

松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衛門祐民の別荘だそうで。

 

f:id:sabuochan:20170924141444j:imagef:id:sabuochan:20170924141453j:image

 

北園には大きな庭園、南園には大きな別荘がたっている。

北園の庭園は入場無料だったが、一部工事中。

 

南園の別荘は入場料300円。

すぐに、クイズラリーみたいな用紙を渡された。全問正解で何かもらえるらしい。

 

中に入ると、ボランティアらしき超フレンドリーなおじちゃんたちに迎えられた。

おじちゃんたちが別荘について説明しながら建物内を一緒に回ってくれる。

 

私たちが入ったときに、数人のおじちゃん(客)が説明を受け始めたところで、

ちょっと後ろからついて言ってたけど、クイズラリーに夢中になって途中離脱した。

 

基本的に歴史系は私も友人も興味がないので、いっつも途中で飽きちゃう。

だから途中離脱は必然だった。

 

クイズラリーのヒント(というか答え)は、

クリズラリ―用紙に当たり前のようにちりばめられていたので、割と一瞬で終わった。

 

一通り建物も見終わって、入口のおじちゃんにクイズの答えを書いた用紙を渡すと、

特に答え合わせをすることもなく、景品のクリアファイル(クリアファイルかい)

をゲットして終了。

 

その時点で16時ぐらいだっただろうか。

もう疲れ切っていたので、電車でお家に帰って終了しました。

 

 

結局最後までお腹がすかなかったので、

ザラメさんのドーナツも買わずに帰った。

 

覚王山では毎月21日に縁日が開かれるそうなので、

いつか母と一緒に行ってドーナツ買って縁日を歩き回りたいと思う。

 

 

 

結構暑い日で、外を歩き回ったので、汗を大量に書いたので、

食べた分もカロリー消費できていただろうなと、切望します。

 

 

また行きます

 

 

 

さぶお