手羽先と言えば

 

手羽先が好きになったのは3年前くらい。

ずっと食わず嫌いだった。というか骨ついてるし、

食べるのめんどくさそうという理由だけで避けてきた手羽先。

 

確かに実際食べにくい。歯のかみ合わせが悪く、

口を閉じても前歯の上と下の間に隙間ができる私にとって、かなり食べづらい。

それでも食べたい欲の方が大きいのが手羽。TEBA!!!

 

 

友達と焼き鳥屋さんに行って、手羽先を頼みたいといわれて食べたのが最初。

それがもう美味すぎて美味すぎて、一週間後また行った。

そのきっかけの店が今でも私の第一位。

 

 

チェーン店の焼き鳥屋さん「備長扇屋(びんちょうおうぎや)」

ここには普通の手羽先と、特別な手羽先がある。

(普通の手羽先はたべたことがない)

 

たぶんここに食べに来た人はみんな頼むであろう手羽先

その名も「バリテバ」

 

お味は甘辛くてスパイシー。

甘いのに塩も効いていて、もう病みつきになってどんどん頼んじゃう。

 

たぶん一人で行ったら15本くらいは軽くいける。

手羽も普通にめっちゃおいしいけど、たぶん好きなのは味付けかな…

 

甘辛と塩味を一緒に食べるなんて贅沢過ぎるし

これ以上ないコンビネーション。チキン南蛮並みのタッグ。

 

 

昔は手羽だけだったんだけど、

今はバリテバの味付けの、唐揚げ「バリ唐」や

  バリテバの味付けの、皮揚げ「バリ皮」とかも出てきてる。

 

手羽で手を汚したくない人とか、唐揚げや皮揚げでも同じ味を楽しめる。

 

たしか17時開店で、お持ち帰りもできるから、

おうちのお土産にも絶対喜ばれる。喜ばれないわけない。

 

 

備長扇屋は炭火焼きで焼き鳥もめっちゃおいしいし、

釜飯や他のおかずもおいしいし、

店員さんはお手拭きの袋を渡して差し出してくれるし、

元気のいい方ばかりだし、

バリテバ最強だし・・・

 

望んでることはデザートをメニューに入れてほしいってことくらい。

 

 

手羽先ってきれいに食べるのは難しい。

箸ではつるつる滑るし、手で食べるとべっとべとんになるし。

 

家族や、仲のいい友達とだったら一緒に食べに行けるけど、

上司とか、会社の人とは絶対に食べに行けないよね。

 

そういう点でも食べづらい食べ物です。

 

もう口がバリテバを欲してきた。

この辺にしとく。

 

 

さぶお