帰宅難民

 

ももクロのライブの日、それは12月22日

そう、選挙の日でもあり、巨大台風が日本を直撃した日である。

 

私はライブで東京にいた。

その時台風は近畿地方に上陸する直前。

 

行きは全く問題がなかった。

しかし、帰りの22日の夜行バスが心配だった。

台風は23日の早朝ごろ愛知県あたりにいるような進み具合。

私がバスに乗るのは22日の22時、三重につくのが午前5時。

次の日は帰宅し、その日は仕事に行かなければならない。

 

台風に向かって進む。不可避。

23日の早朝につくんやから、22日の夜のバスはギリ大丈夫かなーーー

って思ってたけど・・・・・案の定

 

 

ライブ前の15時、その電話はかかってきた。

その時私は知り合いのモノノフさんたちと会場でお話をしていた。

そこにかかってきた電話。知らない電話番号。

 

いつもなら知らない番号は出ないんだけど、

ずっとずっと鳴り続けるから、思い切って出てみた。

 

 

「もしもし、こちら〇〇〇バスです~」

 

 

あ・・・・嫌な予感・・・・ていうかこれ確実にさ・・・・・

 

 

「〇〇〇様でよろしいでしょうか?

実は本日ご予約いただいていた三重行きのバスがですね、

台風の影響で運休が決定いたしまして…」

 

 

 

 

冷や汗・・・・ライブ2時間前である。

 

 

 

 

我「あ・・・・・はい・・・・わかりました・・・・(絶望)」

 

 

とりあえずモノノフさんたちに報告して、他に帰る方法がないか相談。

 

他のバスも同じように止まっているだろうから、バスはあきらめ、

新幹線を利用することに決めた。予約はしなかった。

ライブが終わったら駅に直行し新幹線のチケットを取ることにした。

 

同じようにバスに乗れなくなった人たちが、新幹線にたかってたら、

どんな状態になるかわからんけど、今一番望みがあるのは新幹線。

新幹線ですら止まる可能性はあるけど。

 

 

車で来ていたモノノフさんが、

「もしバスも新幹線もダメで、どうしようもなくなったら連絡してください、

高速も通行止めになるかもしれないけれど、とりあえずなんとかしますから」

と、とても心強いお言葉。かなり心の支えとなった。

 

しかしそんなご迷惑、できることならかけたくない。

 

 

幸いにも今回のライブは終了予定時刻が18時半。短めのライブだった。

それぐらい早ければ、新幹線は大丈夫だろう。

帰りは混むだろうから、ちょっとだけ早めに会場を出よう。

 

 

そしてライブが始まった。

いつもより楽しめない。帰る手段が確定していない、最悪、野宿もあり得る。

曲の途中途中で帰りの不安がよぎる。

「どうしよう、新幹線に人が押し寄せて乗れなかったら。

そもそも新幹線が止まってしまったら。

泊まることになってホテルも見つからなかったら・・・」

 

こんなにライブに集中できなかったライブも珍しい

もう、ライブが始まった瞬間に、「やっぱこのライブはあきらめて帰ろうかな」

って思ったくらい心折れかけていた。

 

 

そしてライブ終了間近・・・最後の曲を終えて、

ちょっとした抽選とメンバーのお話があったときに会場を後にした。

他にもちらほら帰る人がいたので安心だった。

 

「急がないと、急がないと、今駅に向かっている人、

この電車に乗っている人はみんな新幹線乗り場に向かう人かもしれない、

早くしないと新幹線に乗れない・・・・!!」

 

 

本来はバスターミナルのある新宿に行く予定のところを、

新幹線乗り場のある東京駅へ。

 

7年振りに入ったみどりの窓口

めっちゃ人並んでると思ってたけど、並んでたのは1組だけだった。

そしてあっさりと19時半の新幹線をゲット。指定席。

 

 

「帰れる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

めっちゃ久しぶりの新幹線にこんな唐突に乗ることになるとはな・・・

しかもちゃっかり窓際、コンセント付きの席である。

すぐさま母に連絡すると、

 

母「名古屋からの電車止まってんで」

 

 

・・・・・・・へ・・・・・・??

 

 

近鉄のウェブサイトを見ると、三重中の近鉄路線は真っ赤に染まり、

すべて電車が止まっている。三重は孤島と化していた。

 

バスないやろ~電車ないやろ~車ないやろ~~

これ帰宅難民言うやつやん。

 

 

 

母「ホテルはよ予約し」

 

 

ぬおーーーーーーーーーーー!!!!!!!

しかし探さないと野宿、靴も服もべたべたで最悪の中野宿は無理っす。

絶対同じような帰宅難民たちが駅近くのホテルをしらみつぶしに探している…

早くせねば…

 

 

しかしこの日は最悪であった。

ライブ会場にいた時に、スマホに雨の水滴がついて誤作動を起こし、GmailやらGoogleアプリやらを知らん間にアンインストールしていたのである。

もう頭パニックである。

それのせいもあって、いつもより余計に時間がかかった。

 

ホテルを探す

駅から遠い

ホテルを探す

男性限定

ホテルを探す

イイ感じのとこ見つける

予約を進める

「三重行きの電車動き始めてたらどうしよ、途中やけど確認しよ」

電車止まったまま

ホテル予約に戻る

エラー 予約しなおしてください

ホテルを探す

さっきの部屋がない

ホテルを探す

ちょっと高い部屋なら見つかる

「さっきのエラーなった部屋をもう探してみよ」

エラーになった部屋見つかる

予約しなおす

完了

 

とりあえず居場所ができた。一安心。

しかしながら・・・

ケータイの充電器とコンセントがなければオワタであった。

めっちゃ使ったもんケータイ。

 

 

名古屋駅に到着し、ホテルまで歩く、約10分。

大雨と強い風にあおられる。もう靴の中は湖である。何も怖くない。

ホテルを見つけると、目の前にサークルKがあった。

 

今日の晩飯と明日の朝ごはんを買おうか…

でも信号を渡らないといけない・・・・・・・もういいや。めんどくさい。

おにぎり一個あるし、それでしのごう・・・・

 

 

そしてやっとのことで着いたホテル・・・・私の居場所…

はぁ~~~~~~~~つかりた~~~~~~~~~~~

もういやだ~~~~~~帰りたくない、帰りたい

 

 

もう食欲もなく、おにぎりすらいらない気分だった。

 

 

 

明日の朝、始発の時間に駅に行ってみよう。

もしまだ電車が動いていなくても、駅で待っていよう。

少しでも早い電車に乗って仕事に行かないと。

帰宅難民が一斉に電車に乗って、乗れないといけないから、めっちゃ早く駅に行こう。

 

ホテルでシャワー浴びてるから、最悪駅から仕事場直行で行ける。

(駅までは母が迎えに来てくれるので、着替えをもってきてもらうよう頼んでいた)

 

 

朝起きたのは4時45分。始発は5時半。

洗顔と化粧だけ済ませて駅に歩いた。雨は降っていないが風は強かった。

 

あぁ、やっと帰れる。家に帰れる。はず・・・・・

私の乗る近鉄電車のホームに向かうと、始発電車はすでに止まっていた。

 

座れる席がかろうじて見つかったくらいで、席がほぼ埋まっているくらい人がいた。

この人らもみんな帰宅難民やろか・・・・

 

そして走り出した電車、今度こそ確実に家に帰れる

母に連絡をし、駅まで来てもらった。

こんな早朝でも文句言わず迎えに来てくれる親も、多くはないだろう。

 

 

家についたのは7時過ぎ、いつも仕事行く日に起きる時間。

朝ご飯をゆっくりと食べた。

洗顔・化粧はホテルで済ませていたので時間がかなりあまり、

1時間ほど寝ることもでき、その後無事出社。

 

結局遅刻することなく通常通り仕事場に迎えたのである。

 

 

 

しかし電車が止まっていた理由はというと、台風の前に原因があった。

塩浜という駅で線路が故障して、22日の昼から電車が動いていなかったらしい。

それに台風が加わって、修理もなかなか進まなかったらしい。

 

まぁこの嵐の中じゃ無理よな。

 

 

でもな・・・・もう困難こりごりやねん。

やっぱ台風が来る日のライブはこれからは考えよう。

 

運休のバスは払い戻しされるとはいえ、ホテルと新幹線の分、

かなり無駄な出費をしてしまった。

 

今回ね、いろいろ学びました。

 

 

 

もう台風はかんべんして

 

 

 

 

さぶお