電気切り忘れても無駄じゃない

 

誰でも一度は経験があること

 

エアコンをつけっぱなしで外出

テレビつけっぱなしで寝落ち

コタツつけたまま就寝

 

こんなとき、「あーもったいないことしたー」

って少々落ち込んでしまうのは誰にでもある

 

 

私の場合、冬になると夕食後に寝転がってそのまま寝落ちし、深夜3時ごろに目覚めることが頻繁にある。

そのときずっと電気とテレビとエアコンと、ホットカーペットとパソコンが付いたままになっている。

 

特に一人暮らしをしていた頃は、何度も邪魔しにくる母に、無理やり起こされることもなかったので、

週2くらい寝落ちしていた。

 

その度に「あ〜またやってしもた。電気もったいな…」

って沈んでたんだけど。

 

 

それについて、考え方を変えてから何も思わなくなった。

 

 

 

それはもう超簡単

 

 

電気をつけっぱなしで外出したとき、

電気をつけっぱなしで寝落ちしたとき、

 

「私は家にいて起きていたことにする」

 

外出して家にいないとき、または寝るとき、

電気を全て消すけれど、

もし私が家にいたら、もし起きていたら、

電気は全てつけっぱなしにしていたはず。

 

そう、そのときは

たまたま外出の用があっただけ、

たまたま寝てしまっただけ。

 

外出しなかった可能性もある、起きていた可能性もある。

そしたら私は家にいて、起きているから電気はつけっぱなしのはず。

じゃあその時つけっぱなしだった電気は無駄じゃないじゃん。

 

説明下手すぎてわからん人97%だと思うけど、雰囲気で頑張って理解してくれ

 

 

多分この考え方、何言ってんだ?って意見ばっかりだろうけど、

いざこのシチュエーションに遭遇したときに、

わずかだが効果があるので、試してみてほしい。

 

 

まぁ、その分電気代がかかってしまうことに変わりはないけどね

 

 

 

さぶお