ざんねんないきもの

 

ざんねんないきものという本が話題になってる。

以前ビレッジヴァンガードで見たことがあって面白そうだなとは思っていたけど、

間ぁ読むことなく今に至っている。

 

歴代で私の家で飼っていたペットの中で残念だったいきものっているかなー

って考えてたんだけど、そういや変なのいたわ。

 

 

 

 

ウーパールーパー

 

 

 

 

今はもうないんだけど。

 

残念っていうわけでもないんだけど、それまで飼ったことなかったし、

というか飼うと思ってもいなかったし・・・

 

その生態がいろいろ不思議だったわけで

 

 

 

きっかけは親の知人。

知人がウーパールーパーをもらってきたのを、さらにわけてもらった。

 

サンショウウオに似ているイメージしかなかったから、

 

陸上で生活しているのか水中で生活しているのか、

水中では沈んでいるのか、魚のように浮いているのか、

何を食べるのか、水温は何度でもいいのか、

 

全く分からなかった。

 

 

 

とりあえず調べたり、知人にどうやって育てているかを聞いてみたところ

(知人もウーパールーパー初心者)

 

 

・魚のように水槽に水をたっぷり張って飼う

・エラはあるけど、たまに水上にあがってきて、口から空気を吸う

・餌はミミズ、冷凍ミミズがいいらしい

・ウーパールーパーは地面に沈んで暮らす(たまに泳ぐ)

・地面に落ちているエサを食べる

・砂を敷くとエサと一緒に砂を飲み込んでしまうので、小さめのサンゴを敷くのが良い

・温度は気にしなくてよさげ

 

全く買うのに自信がなかったので、調べたとおりに飼う準備を進めた。

 

因みに、おうちに来たのは5匹のウーパールーパー。

ピンクっぽい白のものと、オタマジャクシ色のものの2種類

 

 

 

変なとこその①

エサに対する反応が薄い

 

目がほとんど見えておらず、動きが非常に遅いので、エサが降ってきても気づかない。

冷凍ミミズのブロックを水に浮かべ、溶けて沈んだミミズを食べさせるのだけど、

自分の顔の上に振ってきてもすぐには気づかない。

 

10匹ほどのミミズの束が口先に触れると、鼻かエラで餌を察知して、

3~5秒後にパクっと食べる。このパクッの速度だけはえらい早い。

 

口に入ったミミズの量が多すぎると、鼻やエラから出てくる。

 

 

 

変なとこその②

よくかたまる。

 

さきほどもお伝えした通り、うちでやっていたエサは冷凍ミミズで、

水中で溶けて、ばらけたミミズを食べさせていた。

 

しかし、たまに溶け切らなかった冷凍ミミズブロックが地面に落ちて、

それを全部口に入れてしまうことがある。

冷たくてびっくりしているのか、口に入ったえさが多すぎて

びっくりしているのかわからないけど、20秒ほどかたまる。

そしてボフッと吐き出す

 

 

きっと、口に入っている間、

どうしようか考えているのだろう、もしくは頭真っ白

見ているこちらも心配になる。心停止していませんか・・・

 

 

 

変なとこその③

共食い

 

うちでは5匹を一つの水槽で飼っていたけど、共食いにより次々と減って行った。

実際に共食いをしているシーンを見たことはないんだけど、

ある日足や腕、しっぽの先がなくなっている、てなことが日常茶飯事だった。

 

食べられたパーツは、しばらくしてくると生えてくるが、

生えてくる間にも、他の足や腕が次々と食べられてしまう。

 

それはカエルになるために足が生えてきているオタマジャクシが、

また赤ちゃんオタマジャクシに戻っていくような様。

 

そして、足と腕4本をすべて食べられてしまったウーパールーパーは、

体のバランスが取れずにひっくり返って起き上がれず、

空気を吸いに行けず死んでしまうのである。

 

うちで飼っていた5匹のうち4匹はこうして死んでいった(最期の一匹は老衰?)

 

 

 

あとはまぁ、

こまごまとしたところで、気になったこと・知らなかったことはたくさんあった。

 

例えば、

 

・最初5センチぐらいだった体調が、15センチくらいまで大きくなったこと。

ウーパールーパーの寿命は知らないけど、長生きしたらサンショウウオくらいの

サイズになるんじゃないかと思うくらいの成長ぶりだった。

 

・口にあたったものはとりあえずパクっといっとけ精神

冷凍ミミズを持つための割ばしがあたったらパクッ。

エサっぽいと思ったらパクっ。勢い良すぎて敷いてあるサンゴも一緒にパクッ、

しばらく固まったのち、器用にサンゴだけ吐き出す。

エサと一緒に分もパクっ。やはり気持ち悪いのかすぐさま吐き出す。

 

・普段ほとんど動かないウーパールーパーが、時どき体全体をほんのり赤くして、

水槽をすごい勢いで泳ぎまくっていることがあったりした。

 

 

 

エサは2~3日に一回だけで十分だった。1週間に一回って人もいるらしい。

基本固まっているので、エサが欲しいのかどうか全く分からない。

よく野生で生きていけるなぁと感心するほど、食に執着がない。

 

 

ウーパールーパーは、飼いたいって思う人は少ないかもしれないけど、

飼ってみると、鉛筆で書いたような( '    ▽    ' )⇦こんな顔が、本当に愛らしく、

最強の癒しになるし、エサも頻繁にやらなくていいので飼いやすいと思う。

 

 

さぶお