食べられなくなったもの

 

大学生の時コンビニで働いていて、

冬になるとおでんを販売してた。まぁ当たり前か。

 

よくネットで、「コンビニおでんは、人の唾や虫が入っているから買わない」

とか言われてたけど、私は特に気にしてなくて、

 

というかそもそも、

おでん自体あまり好きじゃないので、購入したことが2~3度しかないのだけど。

 

 

唾に関しては、

注文する客も、注文内容を復唱しておでんを取る店員も、

両方唾を飛ばしているのはわかるけど、ほぼ唾が入る瞬間を目にすることは

ないので何とも思わず・・・・・

 

 

で、虫については、

「虫が入ることなんてあり得る?」とか思ってるくらいやった。

 

そもそもおでんの販売方法ってコンビニによって違う。

 

 

・蓋をして注文が入ったときだけ開ける

・常に蓋はせず、お客におでんを見せて購買意欲を高める

 

私が働いていたコンビニは、常に蓋をする方法。

だから衛生的にいいと思ってた。

 

 

 

・・・・・しかし

 

 

 

ある日、虫が入っていたんだなぁこれが・・・・

蓋が空いているのは、客から注文が入ったときと、具を補充する時。

 

ちょうど私の勤務が終わって、次のシフトの人と交代するタイミングの時、

交代の人がおでんの中に羽虫が浮いているのを発見。

一緒にコンビニのオーナーもいた。

 

 

!!!!!!!!

 

 

なんで?????蓋してんのに???!!!!

 

 

 

へ??????!!!!!!どゆこと????!

 

 

 

でもあきらかに虫が浮いている。泳いでいる。

 

 

で、交代のおばちゃんがどうするのかと思ったら・・・

オタマですくってシンクへ、ぽいー

 

 

!!!!!!!!!

 

 

しかしオーナーもなんとも思っていない風な表情。

 

 

 

いや、私がコンビニオーナーやとしても、

虫一匹でおでんの具を全部処分とかはせんやろうけどさ……

だから本来なんも言えんけどさ…・

 

 

虫を排除すれば大丈夫!

みたいなのが、当たり前になっていて、悲しくなった。

 

 

その何時間泳いでいたかわからん虫のお出汁が、

おでん汁にしみこんでいると思うと…

 

その何時間泳いでいたかわからん虫が、

おでん汁にダイブする前にどこを彷徨っていたのかいろいろ想像すると…

 

 

それからコンビニおでんは一度も買ってない。

みんなわかって食べてるんやろうけど、

いざその光景を目の当たりにしてしまうと…

 

やはり抵抗があるのである。

 

 

 

でも、最近は変わり種おでんがたくさんあって、そそられるんよね・・・

 

食わんけど

 

 

さぶお