さみしい老人

 

私の職場はよく、訳の分からない電話がかかってくる。基本老人。

 

用件を聞いてもろくに答えず、うちの会社と全く関係のないことを一人で延々と話し続け、なぜか急にキレ出し、ガチャンと切る。

どうしても対応できない場合は上司が対応してくれるのだけれど、

知らん人間にいきなりキレられたら多少なりとも、イラついたり、ヘコむ。

 

今は一人暮らしの老人が多いから、話し相手がいないから会社にも電話をかけてきて、

なんでもいいから誰かと話がしたいのはわかるけど、こちらも仕事してるんですが…

 

とはいえ無理やり電話を切ろうとすると、その後問題が起きかねないので、

満足いくまで話をしてもらっているのだけど、

それによって老人の電話の頻度がエスカレートしていく。そして話す時間も長くなる。

 

こういう老人は放置しと居たらあかんと思うのやが…

誰かがちゃんとみとったらんと。危なっかしいで。

 

 

 

というかこんな人間どこにおんの?見たことないけど…

 

 

と思ってたら、実際遭遇した。

 

 

それは電車の中。

 

夜8時頃でちょっと人が多くて、

バスみたいな座席の配置になっているところだったんだけど、

私はその2人掛けの座席の近くに立って、席が空くのを待ちながら電車に乗ってた。

 

すると私の立っていたところの、

前の席の左通路側にいた寝ていたおじいさんが目を覚ましたようで、

 

老人「ここはバスか?電車か?ようわからん…何駅やここは…〇〇駅か××駅か、

   △△駅はもう過ぎたか…ようわからん…」

ってずっと繰り返してて、

 

ちょっと寝ぼけてるだけかなーと思ってたんやけど、

 

老人「若いってええことや…若いのはええ…」

  「電車は人が多いな…名古屋も栄も、よう栄えとる…人が多い。たくさんや」

 

とかいいだして、寝ぼけてるんじゃなさそうやな、普段から独り言多い系やな。

まぁ無害やから大丈夫かな?って感じだったが、

 

老人「この足(近くに立っていた女性の足)を踏んづけてしまってもええやろか。

   普通やったら足は踏んづけたらあかんな。それにしてもおっきい足やな」

 

とか言い出して、その女性も引いていたけど、

人が多くて逃げられる状態じゃなかった。結局、踏みつけられることはなかった。

ちょっと周りの人たちが、そのおじいさんに対して警戒心を抱いていた。

 

 

その後も、

 

老人「何時に着くかいうてへんぞ…言うとかなあかんがな…」

と若干キレ気味でガラケーをいじりだすも、特に操作せずに終わったり。

 

早くこのおじいさん電車から降りてかんかな、と思い始めていたときに、

アナウンスがなった。

 

アナウンス「まもなく□□駅に到着いたします。次は□□、□□駅です」

老人「わかったわ、何べんも言わんでよろしい」

 

とアナウンスに小言で文句を言い、さらにもう一度駅名を言ったときに、

キレるんじゃないかと心配になったけど、どうやら耳に入ってないようだった。

 

 

で、そのおじいさんが降りる駅だったようで、切符を探し始めた。

ポケットを探っている時に、何か紙切れがはらりと落ちるのが横目で見えた。

 

で案の定

 

老人「切符がない、切符がどこにもない、切符がないことには降りられん」

 

と言い出し、きっと今落ちた紙切れが切符なんやろなぁと思ったけれど、

はっきりいって関わりたくないし絡まれたくないので無視していた。

 

で、おじいさんが立ち上がったときに落ちている紙切れに気づいた。

やはり切符だったらしい。

 

 

もしかしたら、「あんた気づいとったんちゃうか」って絡まれるか?

と思ったけど、さすがに降りる駅でのんびりはしておらずさっさと降車していった。

その後電車の中は平和だった。

 

 

で、思った。あぁ、いつも会社にかけてくるわけわからん電話は、

さっきの老人みたいな人なんやな。

普段話し相手がおらんから、1人でしゃべり続けることに特化してしもうたんやな…と

 

 

いつか何か問題や事件を起こすぞ…こういう老人を野放しにしておいたら

 

おしゃべり相手が欲しい老人を集めて、思う存分話をさせたらいいのではないか。

いや、そういう老人に限ってプライド高いから、そういう集まりには参加せんのよな。

なんかええ方法ないすかね

 

どうにかしてくれよ日本

 

 

さぶお