ディズニーの曲

 

アラジンの A whole new world 

リトル・マーメイドの Part of your world

ラプンツェルの I see the light

 

ディズニーの曲は絶対英語派。日本語バージョンはどうも不自然。

日本語で5文字発する間に、英語では文章1~2つ言えるから、

英語の歌を日本語訳すると、歌詞を全部言い切れない。もったいない

 

Let it go. Let it go. 短いけど文章が二つあるのに、

日本語でこのパートは「ありのままの」という形容詞のみ。

 

だから英語の歌の日本語版が好きになれない。

そんな人結構いるんじゃないかと。

 

 

そんな中で英語より日本語派の曲がある。

それがアナ雪の「うまれてはじめて」

(Let it go は日本語も英語もどちらもすき)

 

もう、神田沙也香さんと松たか子さんのどちらのパートも最強に歌がうますぎて

何回も聞きたくなる。

こんな歌の上手いお二人の声を一緒に聞けるなんて贅沢極まりなくないですか

 

この曲だけだと思う。

ディズニーの曲で英語バージョンでなく日本語バージョンを聞くのは。

 

 

 

というか、ブームなんか一昔前に去ったアナ雪の話題を今しますか、と。

はい、しますよ。と。

 

アナ雪が上映され始めたころ、毎日テレビでもアナ雪、話の話題もアナ雪。

世間がアナ雪ブーム真っただ中だったなぁと、社会現象だったなぁと。

私も便乗して身に行ったけれど、あんまりストーリーは覚えてなくて。

 

それだけ、音楽が強烈に印象に残ってた。

やっぱディズニーはシリーズごとの曲がどれも素敵で耳に残るなぁ。

 

 

ジブリも負けてはおらんけど、ジブリは歌える曲が少ないからなぁ。

私のイチオシ「アシタカ石記」も聞くだけやし(しかし神曲

 

ディズニーの曲は口ずさめるのがよろしいね。

 

あぁヒトカラ行って、ディズニーの曲を全力で英語で歌いてぇ。

 

 

 

さぶお