キューバ CASA(カサ)&CASA飯

キューバ旅行の時の写真とか色々

今回は宿泊場所とそこのご飯

 

泊まったのはCASA。いわゆる民泊。

ホテルもあるけど、民泊の方が安いし現地の生活を体験できる。

 

ネットで予約もできるけれど、現地での飛び込みでも割と見つかるらしく、

予約はしなかった。というか韓国人の友人が全部やってくれたので、

私はそれほど何もしなくてすんだ・・・

 

 

 

観光地の市内は人気なので、飛び込みでは見つかりにくいそうだが、

友人が目星をつけていた場所は大丈夫だった。

 

町中にCASAのマークを付けた家をよく見かけるので、

見つからなければ片っ端から聞いていけば見つかるだろうし、

もし飛び入りで聞いたおうちがすでにが満室だったとしても、知り合いの家に、

部屋の空きがあるかを(何も言わなくとも)勝手に聞いてくれたりするから、

見つからないことはないと思う。

 

私たちが言ったビニャーレスとトリニダーというところでは、

観光バスが泊まるところに、部屋の写真を持った人が何人か立っており、

CASAに泊まりたい人を探していた。

 

 

実際私たちも、同じ部屋に2泊したかったのだが、2泊目は先に予約が入っていて、

他を当たるか―と思っていたが、その人の知り合いの家をすぐに紹介してもらえた。

 

 

 

ベッドが2つある部屋は、1部屋○○円という値段設定なので、

1人で泊まるより、2人で泊まると1人当たりの値段が半額になる。

 

そして値段が交渉できる。

ここも友人の出番だった。10cucくらいは普通に下げてくれる。

しかし、こちらもそこまでケチケチしていなかったので、

とんでもない額の値下げ交渉はしない。キューバの方にも生活がある。

 

 

これは一件目のお家。あんまりきれいに撮れてないけど。

ここのおうちの奥さんは英語が喋れなかったが、息子さんが少し英語を喋れたのと、

グーグル翻訳さんのおかげでコミュニケーションがとれた。

 

 

ここは人気のおうちらしく、お客さん用の部屋はとてもきれいにされていた。

エアコンは使わなかった。テレビはうつらなかった気がする。金庫もあった。

f:id:sabuochan:20180107114208j:plain

 

 

キューバの宿泊場所で、一番気になるのが水圧。

シャワーの出で満足度がかなり左右される。それほど水圧が乏しい場所が多い。

ここはまぁまぁ許せる水圧だったので満足

 

紹介してもらった2件目のおうちの水圧は弱すぎた。3階だったから?

 

 

トイレットペーパーも十分にあった。

因みにトイレットペーパーは日本のように便器に流してはいけない。

トイレ内にゴミ箱があるのでそこに入れる。

最初の方知らなくて普通に流してしまったがつまりはしなかった。

下痢になると、もろ臭ってきそうである。

 

観光地にはトイレットペーパーはないことが多いので、家からトイレットペーパーを

もっていくのがベストだが、私は知らなくて持っていなかったので、

CASAのトイレットペーパーを拝借した。

1回分の量をまとめたものを数セット作って、カバンに常備した。

 

トイレットペーパーの横の、マヨネーズのキャップみたいなのを引っ張ったら

トイレの水が流れる。

水の流れも弱めなので、大の量が多そうなら、少しずつ流したほうがいいかも。

f:id:sabuochan:20180107114234j:plain

 

あぁ、私たちの荷物で超汚く見える…

でもベッドもきれいです。コンセントも日本と同じです。

f:id:sabuochan:20180107114251j:plain

 

天井が高い。とても高い。

窓がちょっと割れている。夜は大きな音楽が外から聞こえてくるが、

窓が割れていてめっちゃ聴こえてくる。でもキューバだなぁって感じ。

でも深夜までずっとうるさいのはやめてほしい。

f:id:sabuochan:20180107114247j:plain

 

ちょっとしたくつろぎスペース有。

f:id:sabuochan:20180107114253j:plain

 

お客さん用のキッチン。水道と冷蔵庫を使った。

手前のテーブルで朝食をいただいた。

f:id:sabuochan:20180107114256j:plain

 

頼めばご飯も用意してくれる。

朝食は1人7cucくらいだったかな?夕食は10~12cucくらいだったと思う。

もちろん外食もできるから強制ではないけど、

キューバの家庭料理が味わえるのでぜひ食べてみたいと思っていた。

 

このおうちの朝食はとても豪華だった。

キューバと言えばフルーツ。ホテルさながらの美しいカット。

バナナ・パイナップル・パパイヤ・グァバ

 

キューバの水道水はあまり飲まないほうが良いらしく(喉乾きすぎて飲んだけど)

代わりにグァバジュースをいただける。ドロッとしているので、あまり喉は潤わない。

 

あとは、究極にぱっさぱさのパンにバター。オムレツ。トマト。

いやでもここの朝食はきっと豪華な方なんじゃなかろうか。

f:id:sabuochan:20180107114817j:plain

 

ジュースはおかわりもあるよ

f:id:sabuochan:20180107114845j:plain

 

ほらインスタ映え。美しい。

f:id:sabuochan:20180107114856j:plain

 

ここでは夕食もいただくことにした。

 

黒いのは、有名な黒豆の煮たもの。

味はあまりせず、私はあまり好きではない味だった。でもいい体験。

 

メインディッシュはいろいろ選ぶことができた。

チキン・ビーフ・ポーク・魚・ロブスターなどなど・・・

お米はどちらかというと日本のものに近くてすきな食感。

あとは、野菜と揚げバナナ。そしてグァバジュース。

 

家庭料理というよりかは、これも観光客向けのものかもしれないけど、

キューバらしさを十分感じられました。

f:id:sabuochan:20180107114912j:plain

野菜大好きな友人がほとんど食べた(私は野菜があまり好きではない)

f:id:sabuochan:20180107114931j:plain

 

 

キューバと言えばキューバンコーヒー。

苦いコーヒーは苦手だけど、キューバの思い出としてお砂糖入れて一気飲み。にげぇ!

 

アメリカ―の大好きな友人は、おいしい!といって飲んでいた。

f:id:sabuochan:20180107114952j:plain

 

 

他の宿泊場所の朝食は、もうちょっと簡素な感じだったけど、

腹を満たすには十分で、まずいものはなかった。

ただシンプルな朝食だなーって感じ。そしてぱっさぱさなパン。これは変わらず。

 

 

少なくとも、今まで経験したことのない環境だったから、

ワクワクドキドキな感じがとても刺激的だった。

 

 

 

フルーツ好きな人には幸せな空間なんだろうね

 

さぶお