有安杏果卒業発表から数日

 

15日に杏果が卒業を発表して、その日は動揺の声ばかりだった。

頭がついていかない。何も考えられない。何も手が付けられない。

言葉にならない…

 

 

しかし翌日・翌々日になると、ツイッターの様子は変わってた。

 

卒業という現実を受け入れられてはいないものの、少し混乱がおさまって、

ぐるぐると頭が働き始めたモノノフさんの考えを述べるツイートが目立ち始めた。

 

 

たしかに卒業の報告からラストライブまで一週間っていう期間は

どう考えても短すぎる。

たとえそれが今後のスケジュール的にとかいう理由だったとしても、

 

その短すぎる期間のせいも大いにあるはずなんだけど、

「杏果がももクロを裏切った」「モノノフの気持ちも考えずに」とか、

「一年前から(卒業を)考えてたって、ずっと辞めたかったのか」とか、

 

 

ネガティブな発言で溢れかえってしまっている現在が、

一番居心地が悪いし、もやもやする。

 

少し前(っても発表自体が最近過ぎるけど)は、ネガティブな意見もあったが、

杏果の人生を応援したいっていうポジティブな意見もいくつも見られたのに…

今現在は杏果をdisる内容がめっちゃ多い。それが悲しい。

 

杏果もその辺は覚悟をしているのかもしれないけど、

こんな雰囲気のままラストライブを迎えてしまうのかというのが、

なんとも気持ちよく終われない気がしてならなくて。

 

 

お前はどう思ってんだって聞かれたら、

私は杏果より、残りの4人のメンバーと、ももクロの今後のことばかり気になる。

 

杏果は0歳からずっと芸能界にいて、ずっとお仕事をして、

私なんかとは比べ物にならないくらいずっと忙しい生活をしてきて、

ももクロに加入してさらに忙しくなっただろうし。

事務所との契約も終了して、芸能界からいなくなるってのはさすがに、

もう杏果の活躍を見られない点では残念だけど。

 

もう色々と、いっぱいいっぱいだったんだと思うから、

芸能界から離れてお休みするっていう彼女の選択は止めちゃいかんやろ。

(私なんか普段どんだけ休んでることか)

 

卒業まで急なのにはかなり驚いてるけど、

裏切られたとか、そういう気持ちは一切ない。

 

 

 

それよりも、

100以上ある曲のパート変更や、

ダンスの奇数→偶数(人数)のフォーメーションチェンジ、

コールや自己紹介の変更

 

とかの方が先取りして気になる。

 

 

杏果は歌がうまく、曲の一番盛り上がるパートを歌うところが多いから、

そこをどのように他のメンバーがカバーするのか。

 

words of the mind、ゴリラパンチ、白い風、灰とダイヤモンド、月と銀紙飛行船、

とかの杏果曲。

難しいパートが多いから、カバーするメンバーもプレッシャーあるよねきっと。

他のメンバーがカバーしても100%杏果を思い出すと思う。

ライブの時、

誰もが一瞬「杏果…あ、そっかパート振り変わったんだった」って思いそう。

 

 

怪盗少女、ピンキージョーンズ、Z伝説・・・

メンバーの名前や色が入った曲は、なかなかにカバーが難しいだろう。

そのまま杏果のところも変わらず歌う???それじゃ引きずるよ。

 

 

モノクロデッサン・・・この曲は…ダメだ。

「どの色が欠けてもこの夢の続きは描けないから、色々とあるけどめげずに行くのさ」

欠けてしまった現実を、今突き付けられている現実を、聞くたびに思い出しちゃう。

誰がパートを補うとかじゃない、歌詞が・・・辛い。

 

 

 

ダンスはどうなる?

1人が歌っている時に、左右に2人ずつ踊っているのがバランスとれてて最高なのに、

偶数になったらバランスとれなくなる(4人組のアイドルもいるけど)

ダンスはいったいどれほど変わるんだろう。

 

変えずに杏果の空間を今まで通り空けておくんだろうか?

そしたら、その空間を見て杏果を思い出すな。

(杏果を思い出すのが悪いわけじゃないけど)

 

 

 

コールとかはどうなる?

まずライブ前にメンバーが必ずしている出欠確認。

「出欠とります、Are you ready?番号!1・2・3・4・5!うーイェイ」

杏果の3番は何で埋めるんだ。あかりんのときのように間を縮めたりは難しいやろ。

 

そしてOverture

ヒャダインこと前山田健一さんが作った最高で最強なOverture

Overture事態に名前が入ってるわけじゃなけど、途中のモノノフの掛け声で、

「れに・かなこ・ももか・しおりん・あーりん!行くぜももいろクローバー!」って

とこがあるわけで、そこも杏果のところをただ空けるってのには無理がある。

 

 

 

 

色々やらなきゃいけないことがいっぱい待ち構えている4人のももクロちゃんの方が

私にとって心配。っていっても本人たちが一番不安だと思うけど。

体力も精神もつぶれてしまわないかと、ホントに心配になる。

 

2月にあるバレンタインイベントも、4月にある春のライブも、

10周年を記念した大きなイベントも、

たくさん予定が決まっている中で、メンバーが一人いなくなる。

 

 

まだ5人だから、4人のももクロは、

ライブで4人なのを見て初めて実感がわくだろうし、

はっきりいって、私もどんな風に気持ちが動くかはわかんない。

 

 

 

ライブの始まりに4人になった姿を見て「やっぱ4人になったんだ」

って思うだろうし、

自己紹介の場面で、「あーそうだ杏果の自己紹介はもうすることはないんだ」

って思うだろうし、

ライブ会場で緑推しの人や、緑のサイリウムの数が減っていて、

緑担当の杏果がいないことを毎回思い知らされるだろうし。

 

 

他のモノノフさんの気持ちも大きく動くだろうから、

わたしもどうなるかはわからんけど、

今の気持ちとしては、今まで通りももクロを応援していきたいって気持ちは

変わらない。

 

というかメンバーが減ってメンバーも不安になっている今こそ

モノノフの応援が必要だと思うから。

 

私はやっぱりこれからのももクロの方が気になる。

 

 

 

さぶお