電動自転車

 

自転車に乗って信号待ちをしていたら、

となりで見知らぬおじいちゃんも自転車に乗って信号を待っていた。

ここまではよくある風景。

いいお天気で珍しく全然寒くない日で、平和な1日の始まりの朝。

 

 

そして青になったとき、

それは、すいーっと私を抜かしていった。隣にいたおじいちゃんだ。

スムーズな漕ぎだし、変わらない速度。

大きな川をまたぐ橋の手前の信号で、若干上り坂な道だったのに、安定した走り。

 

 

「おじいちゃん、はえーよ」心の中で叫ぶ。電動自転車だった。

 

 

自転車の漕ぎ出しには割と自信あったのに、あっさりと抜かされて屈辱。

いつもより少し漕ぐのを頑張ったけど、いくら漕いでも漕いでも漕いでも

なかなか距離は縮まることなく・・・むしろ広がる

 

 

そしておじいちゃんの進む先にまた信号機。点滅している。

 

 

「よし!これで赤になっておじいちゃんが止まったら追いつける!

そしたら次は抜かされんぞ~~!!」と、無駄に意気込む。

 

 

おじいさんが信号につく前に完全な赤になった。

 

 

「よーし、おじいさん止まるなー・・・・・・・ん」

 

 

 

おじいさんは赤信号を無視して進んでいきました。

しかも車が来ててふつーに轢かれそうになってたし。

 

じいさんよ・・・・・・

 

 

 

今の仕事場でも電動自転車をもってて、通勤に使う人もいるし、

とっても便利な乗り物だとは思う。

一度乗ったら普通の自転車になんか戻れなくなるていうし。

 

とくに力のないお年寄りには、アシストしてくれる電動自転車はたいへん便利。

私もまだ若いと思ってるけど、ほしいくらいだ。10万もしなければ。

 

 

でもこの1件でわかった、

 

漕ぐのに集中する必要がなくなり、ぼーっと運転するようになった人間は、

注意力が散漫になりやすいので、特に年寄りには危険である。

 

 

年寄りの自転車運転は、ただでさえフラフラして安定せず危ないけど、

電動自転車にしたところで危険度は変わらないんだなぁと実感した。

 

 

 

あさイチでもやってたけど、電動自転車って色んな種類があるみたいね。

安い電動自転車(と言っても私にとっては高いけど)は、

ちょっとのアシストですごいスピードが出たり(時速40㌔出るのもあるらしい)

急発進したりして少し危険も伴うらしい。

 

お年寄りがのったらかなりの確率で怪我しそうだ。

 

 

だから買うなら妥当なお値段の物を買いたいけど、

私生活では自転車に乗ることほぼゼロやから今はいらんかな~

 

 

 

 

高校生の時は自転車通学していたから、毎日乗り回していた。

学校に入る門が2カ所あって、どちらの門から入るにしても、

緩やかで長ーい坂か、短いけどめっちゃ急な坂が待ち構えていた。

しかも両方上り坂。帰りは楽。

 

急な坂の方は自転車で登りきれたことが数えるほどしかない。

いつも「今日こそは~!」と途中までたち漕ぎマックスで頑張るものの、

やっぱ無理であきらめて、降りて歩いて登っていた。

私だけじゃない、

自転車で登り切っている人はあまり見かけないくらいの急な坂だった。

 

 

その時は本気で電動自転車を買おうか迷っていた。

でも結局買わなかった。その坂だけのために買うのはなんかもったいなかった。

 

 

 

でも、今の仕事で自転車に乗らなければいけないことが結構あって、

しかも距離も地味に長いので、今乗っているボロボロのママチャリで、

毎日はぁはぁいいながら走っている日々で、

「電動自転車めっちゃいいよ」なんていわれたら、そら乗ってみたいわさ。

 

 

でもこんな錆び錆びボロボロの自転車が、高級な電動自転車になる可能性は、

万が一にもあり得ないので、無理やろな。

 

でも、もう誰もが買い替えてもいいというくらいボロボロやから、

せめて何か新しい自転車にしてほしいわ。

 

 

ただ電動自転車に頼り始めたら、運動したことにならなさそうやな。

痩せたいから、やっぱしばらくはいらんわ。

 

 

さぶお