ドカ食い・爆食い

 

大学生の時だけ一人暮らしをしていたんだけど、

あの時は本当に好き放題食べ過ぎていたと思う。

 

一般の人が想像する範疇を超えているくらい、毎日食っていたと思う。

 

運動部に入ってそれなりに動いていたっちゃいたのかもしれないけど、

逆に運動部で疲れてるからって、食べまくることにストップをかけられなかった。

 

運動部に入ってたからこそ激太りは防げたけど、入ってなかったらやばかったと思う。

 

 

 

一応健康面に気を付けて野菜を良く買って、摂取するようにしていたけど、

なんせ量が多かった。

 

 

寒い時期は、鍋を作ることがおおかった。

本当の目的としては、数日料理をしなくて済むように、

ちょっと多めに作って置こうというつもりで、

片手鍋(たぶんカレーなら3~4杯分くらい入るサイズ)になみなみと野菜を入れて、

和風鍋やキムチ鍋を作ってたんだけど、ものの見事に完食するのね。

 

 食べるご飯の量はちゃんとお茶碗一杯分だけなの、

冷凍したやつで一杯分しか解凍しなかったから。

たぶん炊飯器で毎回炊いてたら、炊飯器のコメ全部食べてた可能性…

 

 

で、そんな鍋を毎日のように作ってて・・・・

材料的には野菜ほとんどで、おなかはスープでタプタプな感じだったから、

それがおもっきし太る原因ではなかったと思う。

 

 でもそれのせいで胃が膨らんだのか、

おなかがなかなか一杯にならなくなったし、無限に食えた。

 

 

どんな料理を作ろうが毎回完食してしまうので、

翌日の朝ごはんに残りを食べるとか、そういうのはなかった。

 

 

で、朝食に何をよく食べていたかっていうと鮭ごはん。

冷凍ご飯の上に大量のマーガリンと鮭半切れと大量の胡椒をかけて、レンジでチン。

温まったらそれをぐちゃぐちゃに混ぜて出来上がり。

これこそがカロリーの暴力と言える物体であろう。

 

でもこれが激うまでやめられなかった。

きっとマーガリンの油分、胡椒の刺激で胃と腸はズタズタになっていたと思う。

 

 

 

お好み焼きもよく作ってたんだけど、

キャベツを毎回どれくらい入れたら一人分になるかわかんなくて、

テキトーに入れたらめっちゃ多くて、巨大な分厚いお好み焼きが毎回完成してた。

そこにさらにどっぷりソースにどっぷりマヨネーズ(味濃いの大好き)

カロリーハンパねぇ。

 

 

 

あとは、母がたまに送ってくる仕送りなんだけど、

冷凍のエビフライとかを一本一本ラップにくるんでくれてるのとかあって、

夕食後、一時間もたたないくらいに、

エビフライ1本だけレンチンして食べたりとかしてた。

コロッケとか串カツもあったなぁ。

 

 

 

あとは、パン。

パンは冷凍したらしばらく日持ちするっていうのを学んで、食パンを冷凍してたのね。

これもう「デブかよ」って思われるの確実なんだけど、

1回で1斤完食とかしてた時期があった。我ながら最悪にひどい食欲。

 

どうやって食べてたかっていうと、

これまた引かれるかもだけど、冷凍のまま食べるのね。

豆乳きな粉ドリンクとか、カフェオレとか、ココアとかを作って、

冷凍食パンを浸して食べるの。

 

コーンスープに食パン浸して、ひたパンするじゃん(これあるある?)

その要領で、ドリンクにも浸すの。これがもうめっちゃうまい。止まらない。

基本柔らかいもの全般大好きな私にとって、

水分を吸収してふやふやのやわやわになったパンって最高においしい。

それだけで1斤。異常。わかってる。

 

 

 

あと、一時デザートに食べまくってたバームクーヘン。

スーパーのパンコーナーに、

「厚切りバウム」っていうバームクーヘンが売ってたのね。

 

10センチくらいにカットされたバームクーヘン1切が入ってて、

外側にジャリっとしたシュガーグレーズが厚くコーティングされてて。

 

そのシュガーグレーズがうますぎた。

一般の人がゲロ甘とか言うものも、おいしく食べれる私。

甘ければ甘いほどおいしいじゃん!ってなる。

 

そのバームをお箸で食べる。

シュガーの部分は残しておいて先に内側の記事の部分を食べる。

そして最後にほぼ砂糖の塊を味わって食べる…

 

よく糖尿にならなかったと思う。腹はよく下していたかもしれない。

 

 

お菓子の量も半端なかった。

休みの日とか、家にずっといる日は、お菓子にどうしても手が伸びて、

大体の物は1袋・1箱を一度で完食。サイズにかかわらず。

 

 

一回ひどかったのがチロルチョコ

一時ゲーセンにはまって(親の金なのに)、

チロルチョコを大量ゲットしたことがあるんだけど、

毎日数個ずつ食べて行ったらめっちゃもつやん!!

 

とか思っていたにもかかわらず、

とったその日中にすべて完食してしまったという私的ギネス。

 

 

たぶん40個くらいあったと思う。

お腹はそれほど欲していなかったのだが、食べる手が止まらない。

次から次へと手に取ってしまう。

お腹を満たしたいんじゃなくて、口さみしいんだ。私は自分で吐いたりできないため、

トライはしてみたが吐き出すことはできなかった。

 

完食した後に、ものっすごい後悔したけどどうしようもなかった。

自分の食べたものは2週間後に体に影響が出るっていうのを聞いたことがあって、

2週間後にめっちゃ太ったり、ひどく肌が荒れないか怖かった。

 

 

 

 

いまは働いてお菓子を爆食いする時間もないし(仕事場では食べるけど)、

最近は食欲もセーブできているので、体重も増えて入っていないけど、

これも実家暮らしで人の目があるっていうのも影響していると思う

 

 

これがたぶん一人暮らしをまた始めたらどうなるかはわからない。

きっとお金のことを気にしてあまり無駄なものを買わないようにするとは思うけど、

人の欲、特に私の場合食欲の歯止めが利かなくなることが、

たまにあるから怖い。

 

 

 

食べ過ぎた日は、ネットで

 

ドカ食い 爆食い 食べ過ぎた 食欲止まらない

 

とか検索して、同じように食べ過ぎてしまった人のサイトを見て、

あぁ私だけじゃないんだ、よかった・・・・って心を落ち着かせていたけど、

きっとそれが自分を許してしまう、甘えになっていたのかもしれない。

 

 

 

その大学時代のたくわえが、いまのタプタプお腹のもとなんだろうなぁ。

 

 

 

 

さぶお