津の小さなかき氷屋さん in Winter

冬のかき氷も乙ですね。

 

津市で唯一といってもいいのではないか、

かき氷屋さん「レモンの木」にこの寒いのに行ってきました。

 

ここは夏にも来て、黒蜜きな粉ミルクの氷をいただいている。

いちごミルクも食べたことがある。

どちらも最強においしかった。

 

 

ただ、私が今回食べた、焼き芋ミルク氷

 

これは数年前から食べたかったものなのである。それをようやく食することができた。

 

このレモンの木さんの前の道を通ることが多く、

冬の時期に「焼き芋ミルク氷」と書いてある旗を何度も目にしていた。

 

なにそれめっちゃうまそう!!!って思って、

いつか食べたい、いつか食べたい、と思っていた割に、

私の得意技「忘れる」が発動して、いつの間にか終了していたりして。

 

レモンの木さんの横を通るたびに

「あ、そうやこれ食べたかったんやった」って思い出すのであった。

 

 

それがなぜ今回やっとありつけたかっていうと、

 

職場の人が最近食べに行ったのを聞いて、それが頭の片隅に残っていて、

奇跡的に思い出すことができ、そのタイミングで友人と会う予定もできたから。

 

やっと食べれる!!!!!!

 

 

 

行ったのは曇りの日。土曜の12:30ごろだったけどすいていた。

一人お客さんがいたけれど、どうやら常連?というか店員さんのお知り合いか、

私と友人が入っても気にせずおしゃべりを続けていた。さすが田舎。ほのぼのや。

 

その後2組お客さんが入ってきただけで、この時期はこんなもんなんかな?

f:id:sabuochan:20180203213454j:image

 

芋類、特にさつまいもは超絶好きな私。

 

 

小・中学校時代は、夕食後にオーブンで焼き芋を焼いてはデザートとして食べ、

 

高校時代は、焼き芋を家で焼いて学校に持っていき、お昼休みに友達と食べ、

 

大学時代一人暮らしをしていたときには、

一年中焼き芋を販売していたスーパー(今思うと謎)で、

夏でも焼き芋を買っては夕食時に食べていた。

 

 

そんな私が好きじゃないわけがない焼き芋ミルク氷。

予想通りおいしかった。いや、予想以上だった。

 

 

ほんのり甘いミルクのかかったふわっふわのかき氷に、

ペースト状のサツマイモクリームがかかっている。

このクリーム、多少ざらっとしているのかと思いきや、とってもクリーミーで美味。

 

クリームの上には焼き芋と、

芋のフレーク?みたいなちょっとザクッとした食感のものがのっている。

氷の中には角切りの焼き芋が入っている。

 

 

芋と氷って合うのかな?っていう多少の疑念は間違いだった。

うん、おいしすぎます。全然ぶつかり合いません。

最強のコンビかっていうと、そこまでは言えやんけれど、全然お互いを邪魔しません。

おいしすぎます。

 

焼き芋はねっとり系でとっても甘い。

安納芋ほどぐっちょりはしていない、芋感も感じられるおいしいお芋さん。

 

食べれてよかった……

 

 

 

こじんまりとしたお店は、しっかり暖房もきいていたので、

冷たいかき氷も寒くなることなく、最後までおいしく頂けた。

 

もう焼き芋ミルク氷は終了っぽいけど、次は何かなぁ

 

 

 

さぶお