連番って難しい

 

ももクロのライブのときに、お会いするお仲間さんの輪ができて、

私もその中にひっそりといれてもらっておりまして。

 

さらに最近ライブを連番してくれるモノノフさんも見つかりまして。

その方はももクロ以外にも趣味を持っているので、

ずっとライブ参戦するかわからんのやけど。それはまあいいとして。

 

 

*連番・・・座席がつながっている、隣同士のこと。

チケットを2枚持っている人(1枚は申込者本人)の隣で一緒にライブ観戦ができる。

チケットは1人2枚まで応募できる場合が多く、当選したらその2枚は隣同士になる。

(3枚・4枚の場合もある)

 

連番するパートナーが決まっていたら、たとえ自分はチケットが当てられなくても、

パートナーさんが2枚で当選したら、そのうちの一枚をゲットできるので、

ライブに行ける確率がちょっと上がったりするっぽい。

 

パートナーがいなかったり、相手が急に来れなくなったり(ももクロの場合

申込者本人がライブに参加できないと、もう一人もライブに参加できない)

というパターンもあるが、Twitterで連番相手を募集してるツイートを、

よく見かけるので、そこからチケットを譲ったり譲られたりという取引もある。

ただし、詐欺目的の人もいるので、注意が必要。だから知り合いに譲るのが一番良い。

 

 

 

今までは、ライブのチケットは自分の分一枚だけとって、

ライブ会場入りしたら完全に一人だった。

だからもちろん両隣は知らない人で、だからこそ、

そこからお話をしてお知り合いが増えたってのもあるし、

なんなら最近できた連番相手も、そこから知り合った繋がったモノノフさんだし。

 

で、チケットは申し込むときは、自分の分1枚を申し込めばいいだけで。

 

 

で、連番相手が見つかって、いざ次のライブの申し込み・・・・・

しかしここでいつものように申し込みが進むわけもなく。

 

 

 

今回申し込んだのは4月21日(土)と22日(日)の 

ももクロ春の一大事2018 in 東近江市 ~笑顔のチカラ つなげるオモイ~」

 

開催地は、滋賀県 東近江市 

     布引運動公園陸上競技場布引グリーンスタジアム

 

 

交通の便があまり良いところではないらしく、

全国各地からシャトルバスがでるらしい。車で行くとしても、

専用駐車場からシャトルバスに乗らなければいけないようになっている。

 

 

 

連番自体は初めてじゃなく、急遽譲ってもらったりとか、

すでにチケットの当落が発表された後のやりとりで連番になった、

ってパターンは経験していたんだけど、

連番しよう!って言って申し込むのが初めてで、わからないことだらけ。

 

皆さんどうしているのか教えてほしい(切実に)

 

 

 

まず思ったこと・考えないといけなかったこと

 

・パートナー(連番相手)はそもそも今回のライブに行きたいか

 

夏と冬の大箱ライブは絶対に行くけど、

トーク中心のイベントや、地方のライブは別に行かなくてもいいって人もいる。

自分が行きたいライブでも、お相手がそこまで行きたいと思ってないかもしれない。

そんな時、こちらの連番の誘いを断りづらい雰囲気にするのも申し訳ないから、

あくまで乗り気ではなく、様子伺いな感じで聞かなくちゃいけないのが

若干めんどいところである。

パートナーさんとの話しやすさや、一緒にいる長さにもよるかも。

 

 

 

・仕事のスケジュール、個人のスケジュール的にその日が空いているか

 

土日休みの人・シフト制の人・急に休みが取れる人取れない人・

急に仕事が入りかねない人・個人的な予定がいつも詰まってる人・

ライブに行くと泊りがけになってしまうため帰宅できず、

翌日の仕事に間に合わないので参加できない・・・これは主に遠征組

 

 

ライブは土日だったり平日だったり色々。この日はどうしても無理って人も多い。

だから、いつも一緒に参戦できるとは限らない。

去年は私自身も、行けたライブと行けなかったライブがあり、

行けたライブの会場で会う方々も毎回変わっていた。

毎回みんなが揃うなんてありえない。来れたりこれなかったり。

 

ライブの申し込みは早い時には2~3か月前に始まり、

その時点ではライブの日の予定がわからなかったり、

日が近づいて急に外せない仕事が入ったりして、

その行けない人がチケット申し込んでたりしたら、パートナーさんも入れなくなる。

重荷よなぁ

 

 

あと、ちょっと話ずれるけど、体調悪くなりやすい人も結構いるよね。

今の時期インフルにかかるなんて誰にでもあり得るし。

たとえ風邪だったとしても、無理してライブ見に来られてもお互い困るし。

 

 

 

・1日のみ参戦したいか、両日参戦したいか

ライブのチケットって高いんよなぁ。8000円~9000円普通にかかってくるし。

チケット代だけで済めばまだいいんやけど、遠征組はそこに交通費+宿泊費。

 

場所や時期で値段も変わるけど、ここ(三重)から関東に行くってなったら、

私の場合、安い夜行バス→ライブ1日→安い夜行バス で、1万8千円くらいかなぁ

もし、新幹線→ライブ1日→宿泊→ライブ1日→新幹線っていう流れだったら、

4万7千円くらいかかるんじゃないかな。

 

人によって予算も様々だし。

2日あったら絶対両日参戦の人もいれば、1日で満足な人もいる。

 

 

・1日のみなら、どちらの日に参戦したいか

どちらか確実に予定が入っていれば話が早いのだが、

お互いどっちの日でも大丈夫って場合、

「行きたい方決めていいよ~」って譲り合いが発生するとなかなか決まらない。

 

心の中では、「どちらかというと1日目の方がいいな」とか思ってるけど、

相手が2日目を希望していたらそっちに全然合わるし、

自分の意見で相手を振り回すのも嫌だから、なかなか自分の意見が言えない。

ほんとどっちでもいいんだけど。

もはやライブ会場から家が遠い人の方優先させるべき

 

 

 

・パートナーは遠征してまでライブに来てくれるのか

パートナーは関東の方。ライブ会場は常に日帰りで行ける距離。かかって2時間。

そんな人たちは、関西や地方のライブに高い遠征費を出してまで来るのか否か。

 

少し待てばまたすぐ関東のライブも開催されるのに、

わざわざ遠くに行って同じライブを見る必要があるのか、

って考えの人もいるでしょう。

地方組は遠征に慣れているから、(高いけど)遠征自体は何とも思ってないというか、

あたりまえなのだけれど…

 

だからパートナーにとって遠征となるライブの時は、どうも誘いづらくなる。

 

 

 

・チケットの決済方法

 これが一番謎。みんなどうしてる。

私がいつも自分のチケットを申し込むときはクレジットカード決済。

これはチケットが当選したら自動でお金が引き落とされる。

 

もし自分もパートナーさんもクレカ決済をしたとする。

そして両方が当選した場合、お互い2枚ずつチケットが手に入るので、合計4枚。

2枚分余ってくる。

人気のライブで、チケット入手が難しい時は、

チケットの貰い手をツイッターや人づてで見つけることができるだろう。

でも、地方だったり、人が少ないかもしれない平日のライブの場合、

逆にチケットが余り気味で、貰い手がつかない可能性もあるし、

その辺を先に読んでおかないと、お金だけ流してしまうことになる。

 

4月の滋賀のライブも、きっとチケットが割と簡単に手に入る

(申し込めば1枚は確実に取れるであろう)ライブだと思われる。

だから、お互いクレカ決済にせず、片方をコンビニ決済にした。

 

コンビニ決済にすると、支払期間中にお金を振り込まなかった場合、

そのチケットは無効になる。

クレカのように勝手に支払われてチケットを半強制的に受け取るということもない。

ただ、一般申し込み分のチケットに回されるだけである。

だからお互い当選したら、片方のコンビニ決済のチケットを流して、

片方のクレカ決済のチケットをゲットして、

はいスムーズにチケットが手にはいりました~、ってなる。

 

 

でも、コンビニ決済の場合、手数料がかかるのである。

数百円とはいえ、年に何ともライブに行くので、そこはチリ積も。

だから連番相手がいる場合、

コンビニ決済ともお友達にならざるを得ないんじゃないかと思っている。

2月にあるライブを譲ってもらった方から来た連絡も

「チケット余らせてるけど、いる?いるならチケット代金振り込んでおくけど~」

って言われたから、きっとその方もコンビニ決済だったんだと思う。

 

 

 

なんかここまでめんどくさいことして、

さらにはコンビニ決済でちょっとだけ余分なお金を払ってってなると、

もう今まで通り自分の分だけチケットとって、

1人でライブ観戦してる方が余計な労力使わなくていいんじゃないかと思えてきた。

 

会場に行けば知り合いの人とはお会いできて、十分お話もできるし。

で、中で知らない隣の席の人と話して、お仲間の輪も広げられるんじゃないかなー。

でも、やっぱ知ってる人が隣にいる方が、いつもよりライブを楽しめるんかなー。

でもパートナーさんいた方がチケット当たる確率上がるしなー。

 

 

 

とりあえず2月の連番がどんな感じになるかやな。

 

 

 

さぶお