バレイベ 表 2018

 

2/10のバレイベ裏が無事終わり、2/11の表の到来。チョコがもらえるぞ。

表はライブがメインの回。杏果が卒業してから初のガチライブ。

どこまで曲の修正をして披露してくれるのかドキドキの回。

何が起こるんだろう…何を見せてくれるんだろう…

 

 

2/11裏で、数曲披露してくれたけど、その時もいつも通り楽しめたわけではなかった。

特にサラバを披露したとき。

想像していたよりも振付が変わっていて・・・

あぁ・・・と切なくなって、

他の曲も結構雰囲気が変わってしまうんじゃなかろうかと、少々の不安を抱いていた。

 

 

サラバは長い間奏のダンスが大きく変わっていて、

最初は「おぉ?!なんやめっちゃ変わっとるな!!」って興味津々だったんだけど、

それが「なんでここまで変えてしまったんやろ・・・」に変わってた。

間奏のダンスめっちゃ好きで、なんならサイリウム振らずに

じっくり見ていたいほどやったのに、全く違う振付に変わってしまった・・・

 

 

歌のパートもまたしかr。

力強い声で叫ぶように歌う杏果のパートを、

ウィスパーボイスのれにちゃんが代わりに歌ってて、

「無理しないで!れにちゃん」って心配になるほど声を絞り出して歌ってた。

負担になってしまわないかなって。

 

 

そんなことを思う時もあったけれど、

基本わちゃわちゃでいつも通りのももクロちゃんだったので、

一日目の裏は本当に楽しめました。

だから2日目も大丈夫だと思ったんです。

 

いや、途中まではよかったんです。

はっきりいって、あまり覚えてないです。

 

 

キミとセカイとオレンジノートのダメージが意外と強くて、

他をあんまり覚えていません。

 

まだ引きずりつつあります。

 

 

 

キミとセカイは、

ももクロ早見あかり(青)ちゃんがまだいた6人の時代からあった曲で、

あかりんがいなくなってからは、他のメンバーがパートを補った。

私はそのころももクロは知らなくて、5人が歌っているところからしか知らない。

 

キミとセカイ自体はめっちゃ好きな曲というわけでもなかったが、

サビの部分のダンスはよく真似ていた。

というか、サビはライブでも真似ている人がよくいた。

 

しかし、サビのダンスがほとんど面影を残すことなく変わっていた・・・・

 

完全に新しい振り付けで踊るももクロちゃん、前のダンスを自然と踊る私。

ダンスがもう体に染みついてるようで勝手に動く。

周りを見ると、他のモノノフさんも前の振りで踊っている人が多い。

でもそのダンスはももクロちゃんとシンクロしない。

 

 

はっきりいってキミとセカイを聞いたのは本当にしばらくぶり。

かなり古い曲。みんな知ってて好きだけど、どちらかというとマイナー。

そんな曲をここまで変えてきますか・・・・・・・・と。

 

 

 

 

そしてそれ以上に衝撃だったのがオレンジノート。

こちらもあかりんが在籍していたころからある古い曲で、みんな大好き。

この曲はサビはほぼすべてモノノフもフリコピして踊る。

テンポも速くなくてまねしやすいので、みんな一緒に踊る。みんなそれが大好き。

 

 

しかし、この曲もサビのほとんどが変わっていた…

またまた新しい振り付けで踊るももクロちゃんたちをよそに、

前の振り付けで踊るモノノフ。

「やめて、前の振り付けのままでいてよ!」と、

見せつけて抵抗しているかのように前の振りで踊る。

 

 

この曲は、個人的にダンスを研究していた時期があり、

サビだけでなくダンスはほとんど把握しているんだけど、

見た限り9割5分は変わっていた。完全に以前のオレンジノートは消えてしまった。

 

 

5人から4人、奇数から偶数になるって大きな変化だから、

少々の振り付け変更で済むとは思ってなかったけど、

これほどまでに新しい曲かのように変化させてくるなんて思いもしてなかったから、

モノノフは置いてけぼりを食らっている。

 

 

ツイッターを見る限りは、

「振付が新しくなってパワーアップしてた!」

「こんな短期間でここまで変えてくるとは!」「新しいダンスも可愛い」

って、称賛のツイートがほとんどだったけど、

 

私は少数派なのか??

いや、やっぱり違和感たっぷりでついていけない人もいる。

何よりモノノフ友達さんがおもっきしダメージ食らってた。

しかしモノノフはやめずに、今後も応援していくそうだ。

 

 

いつも新しいこと、想像以上のものを見せてモノノフを驚かせ、

楽しませてくれるももクロちゃん

だけど、私はダンスや歌のパートはそれとは別物と考えて、

今後も変化しえないものと勝手に決めつけていた。

だから、それが変化してしまったことに頭がついていかない。

信じられない。認められない。

 

変わりゆくももクロが好きだったはずなのに、実際はそうじゃなかった。

自分にとっては変わっちゃいけないものがあったんだ。

 

 

 

いや、ね。新しいダンスを一生懸命覚えたももクロちゃんの努力を評価したいし、

新しいことに挑戦し続けるのはホント尊敬すべき点なの。

 

ダンスを新しくすること自体悪くないことだと思うの。

 

でもね・・・・・・今までのダンスがもう見られないのが嫌なの・・・・

あのオレンジノート、あのキミとセカイ、あのサラバ愛しきかなしみたちよ、

 

あのダンスで完成されていた歌は、いつしかのライブで最後だったんだな。

せめてもう以前の作品が見られないとわかっていたら、もっと目に焼き付けていたのに

もう生のライブで見ることはできない。DVDで見るしか方法はない。

それが本当につらい。封印されたかのよう。もう見れることはない。

 

 

ただ、今は前を向いて、今からのももクロを見ていかなければいけない。

なんだか義務のような言い方になって、「そんなんならファン辞めろよ」って

思う人もいるかもしれないけど、私はももクロがやっぱり大好きで、

ももクロがいない人生は今想像できないし、れにちゃん大好きだし、

心の支えで、ももクロのために仕事を頑張れるから、

これからもファンを辞めずに応援していく所存。

 

 

 

でもね、

この違和感に慣れる日が来るの・・・・??

 

ネガティブ思考が良くない考えばっかり巡らせて、

あることないこと考えちゃうな…

 

 

杏果がいなくなって変わったダンスと歌パートが完全に定着したら、

杏果が戻ってくるっていう希望もなくなっちゃうんじゃないの?

杏果が入る隙間が本当になくなっちゃうんじゃないの?

 

 

とか。

いや、だめだめ。4人のももクロを見ていくの!

 

 

 

4人のももクロを受け入れて応援していきたいって思いと、

4人のももクロの現実に反発している自分の心の矛盾。

 

 

 

さぶお