孤独死

北島三郎さんの次男の大野誠さん(51)が亡くなったニュースを見て、

一人暮らしをしていた大野さんが、自宅にて心不全で亡くなっていたことを、

孤独死」と表現していたことに驚いた。

 

 

確かに一人でいた時に亡くなって、発見されたのも1週間経ってからだったけど、

孤独死っていう言い方してると、なんか違和感あって。

 

 

私の勝手な今までのイメージでしかなかったけど、

孤独死って言われると、

妻や夫を亡くして老後一人で暮らすお年寄りって感じだった。

もしくは、誰とも結婚せずに生涯独り身で生活している人の最期・・・かなぁ。

 

でも今回このニュースを見て、

「あぁ、年齢とか関係なく、見取られずに死んだら孤独死っていわれるんやな」

 って改めて知った。

 

 

じゃあ親が旅行で数日間家を空けている時に、

急に倒れてなくなってしまったとしても孤独死って言われるってことか・・・・

学生の一人暮らしで、同じことが起こってしまっても、孤独死になってしまうのか。

 

 

 

なんかやだなぁ、孤独死っていう言い方。

 本人も孤独と思ってるわけじゃないのに、孤独死っていう言いかたされて、

なんか哀れな死に方をしてしまった感ハンパない。

 

 

 

私なんか結婚できる見込みないし、

今のままやと将来的にも孤独死まっしぐらやけど。

 

かといって結婚したいかって言われると、特に強い願望はないんやけど、

一生独り身って思うとなんか悲しくなってくるし、

 

 

最期は「うっ!!」ばたんっ!ってお家でなくなって、

誰にも発見されず、近所の人が「この辺り変な臭いがする」と言って警察に通報し、

死後数か月経って腐敗した状態で発見されるのは避けたいところなんだよなぁ。

 

 

なんか最近、今のこと、近い将来のことよりも、

老後のことの方が気になる。

 

でも私、そんなに長く生きているのかな??

全く想像できないんだが

 

 

 

 

さぶお