趣味における私の金銭感覚

最近もっぱらお金を使わないようになった、という記事を先日書いたけれども、

厳密には正しくなくて、矛盾しているところもある。

 

 

いや、矛盾でもないな・・・

お金を大量に使う場所があるからこそ、普段の生活で節制してる、できてる。

ここで使うために他でお金を落とさない。

 

 

 

ももクロの現場でね、それはもう一気にお金が飛んでいくんだよね。

 

もはやももクロでお金を使わなければ、私はお給料を使わない人間になってた。

 

ももクロに費やす為にお金を貯める。

ももクロに費やす為に働く。

ももクロのために仕事を頑張れる。

 

もちつもたれつじゃないか。ええじゃないか。

 

 

 

服が好きな人は自分のお金をショッピングに使うし、

友達と会って遊ぶ人は交際費に使うし、

ゲームする人はソフトやハードを買うのに使う、それと同じ。

 

 

私はももクロを見て元気をもらいたいから、チケットやグッズを買うのにお金を使う。

 

 

 

 

ももクロのグッズも高いから、昔よりは全然買わなくなったけど、

それでもライブに行くときは毎回、金銭感覚がくるってると思う。

 

 

チケット代は8000~10000円くらいが当たり前。

チケットを申し込むときは金額はあまり気にせずに申し込む。

金額の問題じゃない、チケットが当たるか当たらないかの問題だから。

 

 

毎回買うパンフレット               3000円

毎回3~5回引くガチャ 一回            300円

たまに買うTシャツ              約4000円

たまに買うペンライト            約4000円

昔は5セット買っていた生写真は1袋(5枚入り)1000円

 

 

一万円なんてあっという間に消え去る。それでも何とも思わなかった。

あまり買わなくなった最近ですら、5000円くらいは普通に使ってしまう。

よくよく考えると、怖い。

 

 

服屋に行ったら、一着買うだけでもかなり金額を気にして吟味してしまうのに、

この躊躇の無さ。

今しか買えないから、と思って「一応」感覚で購入してしまう。

普通の人がコンビニでジュースを買うような感覚でお札が飛んでいく。

 

 

 

4月21・22日のももクロ春の一大事ではグッズを買うつもりはないけど、

5月22・23日にあるももクロ10周年記念ライブでは、

Tシャツと、ペンライトを久々に買うつもりだから、

いつもより出費が多いと思うけど、

その時も特に金額気にせずにポンとお金を出してしまうんだろうなぁ。

 

その時ばかりは、お札がただの紙切れに見えてしまうんだよなぁ

この現象に何か名前はないものか

 

 

 

でも私なんか全然お金を使わない方

 

知り合いのモノノフさんは、毎回グッズをたくさん買う。

Tシャツ・タオルに始まり、用途がわからないグッズ、ガチャはコンプするほど。

きっと私の3倍以上は毎回お金を使っている。

 

 

「ファンがももクロのためにお金を落とすことで、

そのお金が次のライブをする資金になる。ももクロちゃんたちのためにグッズを買う」

のだそうだ。

 

 

 

うーん・・・・・・・・・・

 

 

 

私もお金に余裕があったらそうしたいし、そんなこと言えるようになりたいわ。

これもまた、もちつもたれつの関係のひとつやね。

 

 

でもね、なんでもかんでもお金で勘定しちゃいけない。

お金が無くなるとか、お金を落とすっていういい方はよくなかった。

 

 

そのお金を払うことで得られる

充足感であったり、元気だったり、今後への活力。これが大事。

 

 

 

いつも、ももクロにはたくさんお金を使うけど、

毎回それ以上に得られるものがたくさんあるからね。

 

これだからモノノフやめらんねぇ~

 

 

 

さぶお