母、夜中の徘徊

 

なんか母の認知症への道が、また進みつつあると感じる今日この頃…

毎日が心配だなぁ・・・と

 

 

 

最近は、夜中にいろいろ騒動を起こす。というか、起こしているらしい。

本人も自覚があるようだ 

 

 

私が起きている時間帯だったり、大きな音がしたら気づくこともあるのだが、

たぶん気付かないときの方が多いので、毎日何かしら起こっているのかもしれない。

私の部屋と母の部屋は、ともに2階にあって近いが。

 

 

ここ最近多いのが、トイレの電気の消し忘れ。

消し忘れというか、消し方がわからなくなるパターンが多いみたい。

 

 

トイレが近い母は、夜中に数回トイレに行く。

トイレは私の部屋のすぐ横なので、誰かが来るとすぐ音でわかる。

だから、ジャーっと流す音ももちろん聞こえるんだけど、

最近では、そのあとすぐ聞こえるはずの「電気を消す音」がなかなかしてこない。

 

 

(人のトイレの音を聞くなよって感じですが、

 最近母の夜中の行動が心配で、ちゃんと部屋に戻れるか不安なのです)

 

 

 

ウチのトイレの明かりのスイッチは、そーっと押したとしても「バチッ」と音がする。

トイレが流れる音がしたら、そのあと必ず「バチッ」って

電気を消す音が鳴るはずなのに、しばらくしてもなかなかその音がしない。

 

 

初めてその異変に気が付いたときは、母の元へ(とはいっても私の部屋を出てすぐ)

行って、何が起こっているのかを見に行った。

 

そしたら、

トイレの電気のスイッチをはずした少し上の方を、ずーっと押している。

 

 

我「なにやっとんの?」

母「トイレの電気が切れやん。ずーっと何度も押してる」

我「スイッチはここやで」

バチッ

 

 

これは何度もあった。

 

 

他にも、

手洗い場の水の止め方がわからなかったり、トイレの換気扇をつけっぱなしにしたり、

トイレが終わって自分の部屋に戻るときに、廊下の電気を消さなかったり、

自分の部屋のドアを閉めなかったり・・・

 

母の方から私の部屋に来て、電気のスイッチの場所を聞きに来ることもあった。

 

 

 

最初は、寝ぼけてるだけかな?と思ったけど、

なんかそんなんじゃない気もしてた。

 

 

 

 

ここ最近で酷かったのが数日前の夜中。

 

夜12時ごろに母が私を呼びに来て、母の部屋へ呼ばれた。

すると、

 

母「ほらここ(ベッド)に虫がいっぱいいる」って指さす。

 

 

しかし虫など一匹もいない。

母も別に虫がいると言っている割に恐がったりしている様子もなく、

ただの報告のような感じだった。

 

私が「虫はおらんから」というと、

何も言わずにトイレに向かっていった。

私もすぐに自室に戻った(母も自分の部屋に戻って行ったかまで一応確認)

 

 

 

私が特に驚かなかった理由は、同じような虫の幻覚の話を、

母本人から何度も聞いたことがあるため。

 

夜中に目覚めて、(幻覚の)虫を見て、何もないところに殺虫剤をまいたんだって。

それも2回くらい同じ話を聞いた。

 

 

 

結構、虫が出てくる話が多いんだけど、これはちょっと怖い。

幻覚が見えるなんて、

危険ドラッグを使っている麻薬中毒者の話でしか聞いたことがないのに、

それがまさに身近に起こっているだなんて。

 

母の場合それとは違うけど。

認知症には、物が他のものに見えてしまう「見間違え」の症状があるらしい。

 あぁ、近づいているな。

 

 

 

母から話を聞いているときは、鼻で笑いながら聞いているが、

内心ハラハラしている。

 

 

母も、夜中にこういうことがあると、自分でも少し覚えているみたいで、

「昨日の夜中、何かお騒がせした?」って聞いてくるし。

 

 

母の行動に気付いたら気付いたで、「何やってんだ」ってなるし、

気付かなかったら気づかなかったで「何しでかしたんだ」ってなる。

 

 

どっちにしろ、あまりよろしいものではないよね。

 

祖母がアルツハイマーだったから、遺伝するのはわかってるんだけど(私も)

それでも、その兆候が見えてくると…こわい

 

 

 

さぶお