スタンディングのライブは私には、ちとキツイ

 

 

幕張での杏果卒コン、そして最近行ったももクロ春の一大事

 

 

私にとってスタンディングライブというのは、

今までの人生でこの2度しか経験していないけれど、

 

2回とも身体的に少しきつい部分があった。

 

 

 

正直、体は強い方だと思っている。

一日中歩き回ることもできるし、今までの立ち仕事経験もまったく辛くなかった

 

 

 

だから

スタンディングのライブなんかへっちゃらだと・・・余裕だと過信していた。

 

 

 

でもスタンディングライブは今までのそれらとはまた勝手が違った。

 

 

 

 

幕張の時も、春一の時も、

ライブ中盤くらいからお腹(丹田)のあたりがずーんと痛くなってきてた。

たまに生理痛で味わうような痛さで、ずっとお腹を押さえられているような感じ。

 

 

耐えられない痛さではない、ただお腹のあたりが気持ち悪くて不快。

 

 

できることならちょっと座りたい。

でも座ったら完全にライブが見えなくなるし。

周りにいる人たちにも心配されてライブの邪魔をしてしまうかも…

 

と思って耐えながらライブを見ていた。(倒れてからでは遅いので、

体調がすぐれなかったら、周りを気にせず休まないといけないんだけどね)

 

 

 

しかし、春一では終盤で結構しんどくなってきたので、

曲の合間やトーク中にドリンクを飲むついでにしゃがんで、

少し体を休めていて、それで少しは回復もできた。

 

 

もしかしたら、脱いだパーカーを腰に巻いていて圧迫されていた可能性もあるが、

巻いていたのは今回だけで、幕張の時はそれをせずともお腹が痛かった。

 

 

 

たぶん原因としては、立ちっぱなしで動くことがなかったから。

 

今まで立ちっぱなしで辛くなかったのは、

立ってはいたけれど、動き回ることが多かったからだと思う。

 

運動していることで血行もよくなるし。

 

 

でもライブの時はほぼ動くことがなかった。

 

 

 

 

立っている時間はライブの時だけではない。

ライブ開始までも立って待たないといけない場合が多い。

幕張でも春一でも5時間以上は立っていたはず。

 

 

 

 

スタンディングは、自分の席というものはない。

いくつかブロックで分けられており、指定されたブロック内ならどこに立ってもよい。

 

 

ブロック内の女性限定エリアは、

あまり人が入っておらずスペースにもゆとりがあったが、

男女関係ない一般エリアにはぎゅうぎゅうに人が入っていた。

 

 

大きなバッグを持ち込むのは周りの迷惑になるほど、

一つのブロックにたくさんの人が詰め込まれる。

開演までの間、座っていられない(座ると場所をとるから)

 

 

 

リュックなどを置いて場所取りをして外に出ていく人もいるが、

帰ったらリュックがどけられていて別の人が立っており、

自分の場所がなくなっていたという人もいるらしい。

 

自分の席がないスタンディングライブでは、一度自分の場所を確保したら、

その場を捕られないために、なるべく動くべきではないんだなぁ。

だから余計に身動きが取れない。

 

 

 

ライブ開始の2時間前くらいから入場が始まる。

指定席の場合、2時間前に行こうが10分前に行こうが、

自分の席がとられることがないので好きな時間に行けばよい。

 

メンバーの衣装替えのときとか、映像が流れている時は、

座って体を休めることもできる。

 

 

 

しかし、スタンディングはいかに早く場所取りをするかが命運を分けるので、

入場開始とともに多くの人が入場する。

 

 

だからみんなライブが始まる2時間前から立って待ち、

ライブが始まってから終わるまでの約3時間・・・

合計5時間は最低でも立っていないといけない計算になる。これでも最低だ。

 

 

 

基本は、入場前の待機列でも待っていなけれないパターンがほとんどだし、

終演後も、規制退場で自分のブロックが呼ばれるまで待っていなければいけない。

 

 

 

私以外、他の人たちも余裕そうな顔をしているけど、

心の中では、「早く座りたい…」「寝転がりたい・・・」って必死だと思う。絶対に。

 

足もいたいけど、腰も痛いのよ。

 

 

 

ライブは楽しいんだけど、めちゃくちゃ楽しいんだけど、

「早く終わらないかなぁ」って一瞬思ってしまった自分もいた。

 

 

 

幕張の時はまだ少しましだったんだけど、今回の春一ではそれ以上に体がきつくて、

これからのスタンディングライブに、参戦できるかどうかが怪しくなってきた。

結構しんどさがトラウマになりつつあります。

 

 

 

熱中症の人とかも数人出たみたいだし、若くない人もたくさんいるんだから、

待っている間に座っていられるくらいのスペースのゆとりがあるとうれしい。

 

そして、

運営側が「座って待つように」と勧めてくれるような風潮になったら、

スタンディングがもっと楽しくなるのにな…と勝手に思っている。

 

 

 

オールスタンディングのメリットって何ですか?

と少し疑問に思うようになったのも事実。

せめてスタンディングでも自分の場所がある程度決められていたらなぁ。

 

 

スタンディングライブ改善委員会を結成したいくらい、切実に改善を求めたい。

 

 

 

でも超楽しいライブでした。

 

 

さぶお