スマホのゲームは魔

GWで時間がありますねぇ…あり余ってますねぇ…いい天気ですねぇ

 

 

そんな日はお家でゲームするのが一番平和なんですよねぇ

何しようかねぇ。

 

 

スマホのゲームアプリっていうのは、

時間を奪われ過ぎる魔物なので、あまりやらないようにしている。

 

 

1日24時間で一番手にしているであろうスマホ

ふと気づいたらいつも手に取っているスマホ

ちょっと時間があったら何をするでもなく開いてしまうスマホ

 

 

 

最近PSVitaのゲームを買ったばかりの私。

 

これを買った理由も、どこでもササッとゲームができるからなんだけど、

お手軽さでいうとスマホの方が位置づけは高い。

 

プレステ系って、立ち上がりやロードに地味に時間がかかるから、

それですら待つのがめんどくさい私にとって、

PSVitaはもはやお手軽ゲームではないのである。

 

 

そして本格的なゲームは、

ある程度プレイすると目も脳も疲れてくるから長く続かない。

 

 

だからこそ時間を奪われ過ぎることもなくて、ちょうどよい

 

 

 

カナダのワーホリから帰って就活しながらの無職期間。

面接とかは結構行っていたけど、毎日あるなんてことなくて、

数日ぽっかりと空くことなんてしょっちゅうだった。

 

お金を使わないように外出や友達と会うことも全然なくて、

家にいてすることがなかった。

 

 

 

そんなとき、ふとダウンロードしたスマホのゲーム2種

私はこれに時間を取られ過ぎたのをはっきりと覚えている。

 

その二つを交互にプレイして終わりがなかった。

 

両方ともライフ制限のあるゲームだったから、

1つをずっとプレイできるわけではなかったんだけど。

 

 

そのうちの一つが街づくりゲームで、

ゲームはできなくとも、街の中で人が動くのを眺めたり、

配置をどんなふうに変えるのが良いか考えたりして、ずっと見ていられた。

 

 

 

誇張しているわけじゃないが、

ひどい時は本当に一日中スマホに捕らわれていた。

7~8時間くらいはしていたんじゃなかろうか(労働しろよ)

 

 

それだけゲームをずっとしていたもんだから、

ゲーム内のレベルもものすごいスピードで上がって行く。

 

 

そしてレベルが高くなるにつれ、レベルが上がりにくくなっていった。

 

 

 

そのレベルの上がらなさに苛立ったのと、

このレベルに至るまでに費やした時間を考えたら恐ろしくなってきで、

ある日このゲームアプリを消去した。未練はなかった。

 

このゲームを止められたのは、決して早くはなかったけれど、

止めるタイミングを得ることができて、たいへんよかったと思う

 

 

アプリを作っている人には失礼だけど、

スマホのゲームごときでこんなにも時間を取られてしまった。

(この「ゲームごとき」に心を捕らわれていた私も私だが)

 

何も生み出すことのないアプリにこんな中毒性があるなんて知らなかったから。

今思うと、あの時はちょっと頭がおかしかったんだなって。

 

 

 

今もパズル系ゲームを一つダウンロードしたままだけど、

これは究極にやることがないときだけプレイしようと決めている。

こちらも一度始めだすとやめられないので。

 

 

知り合いからツムツムもすすめられているけれど、

こんなん始めた日にゃ、

私はもうツムツム主体の生活になってしまうのがわかりきっているので、絶対しない。

 

楽しいんだろうけど。

 

 

 

もっと時間を有効活用する生活がしたいんだよ!!

 

 

でも、それは今が充実しているからではない。

 

 

ただでさえ無駄な時間を過ごしまくっている私に、

さらにスマホのゲームなんか追加されたら、

もう私の生活は堕ちるとこまで堕ちてしまうから

 

 

 

さぶお