アクセス数、ブログを書いても書かなくても変わらないのはなぜ?

久しぶりだなぁ。

 

 

このブログは大した内容を書いてないから、アクセス数も超少ないのは認めるよ。

まぁ始めたばかりのクソみたいなアクセス数に比べたら…

今ではちょっとは飾りがついたくらいのもん。

一日1000PV!とか言ってみたいけど、夢のまた夢やで。そんなレベル。

 

 

 

少なすぎるけども

毎日一定数 (いうてもほんと微々たるもの) のアクセスは超えていたので、

こんなブログ読む人もおるねんなぁ、

と感じながらアクセス数はたまに見るようにしていた。

 

 

 

毎日同じ人が見ているのか、

たまたまたどり着いた人が見ただけなのか、

何かのキーワードに引っかかって来たのか。

 

 

ともかく、

こんな読んでもなんのメリットもないブログを見せてしまってることに

申し訳なさも感じるけど、正味誰が見てても知らん人なんやから気にしない。

 

 

 

一応毎日更新を目標に (内容は関係なく) 私なりに頑張って更新したつもりだったけど、

 

もう色々めんどくさくなって、ある日を境にぱたりと書かなくなったわけだが…

 

 

 

私の継続力なんて所詮こんなもんだったんだ…と思い知らされた部分もあり。

急に何の気なしに書くのをやめてしまったことに多少の後ろめたさはあったものの、

もう無理にブログを書かなくていいんだ!

 

という開放感もあって相殺された感じ。

 

こうやって人は日記やブログを書くのをやめていくんだなぁ。

なんか日々縛り付けられてるようで苦痛やったもん。

 

 

 

で、書かなくなって半月くらいたったわけだが…

たまーにアクセス数を覗くと

 

なんでかブログを書いてた時のアクセス数(微々)をキープしてるんだな。

 

 

なぜ?

 

 

 

毎日更新していたからそれを見にきてくれてるわけじゃなかったってことか…

 

 

 

じゃあ毎日更新する必要もなかったのか。。。。。

でも毎日低クオリティであっても量産していたおかげで

今もキーワード検索とかで間違ってこのブログにたどり着いちゃう人がいるのか。。。

 

 

 

 

 

 

なんだかなぁ不思議な世界だなぁ非常にすいませんやわぁ

 

 

 

知らない人の人生のほんの一瞬の間に、

 

「私なんかのしょーもないブログを読んだ時間」

 

が入り込んでるかもしれないんやで?!

 

 

 

 

まじ土下座ですすいませんな

 

 

 

さぶお