母の症状改善のためにやってみた①

母の変わりぶりに落胆してから、

どうしたら少しでも進行を遅らせたり、今より改善の方向へむかえるか調べていたら、

圧倒的に運動や指先を動かすことがいいそうだ。

(一応父と病院で見てもらう計画は立ててるらしい)

 

 

母は趣味もなく引きこもり生活で、目も悪くなって運転もできなくなってから、

家の中でしか過ごしていない。

 

 

この猛暑で散歩もなかなか難しいところがあり、

運動量がほぼ皆無なのは私でもわかってた。

 

 

私は日中働いているから、母が1日どう過ごしているのかは想像でしか知らないけど、

ソファで寝こけている時間が大半だろうなと思っていた。

 

 

 

 

母が一人でもできるようなこと…

運動はすぐには難しいから、指先を動かすなにかをやってもらってみよう。

 

 

私が思いついた(というかネット頼り)のは、

 

塗り絵と、クロスワード

 

 

 

 

さっそく仕事帰りに本屋さんに行って探して見た。焦ってる分、行動は早い

 

 

 

んーーーーーなんか、

クロスワードナンプレ、アローとかは、字が小さい。これじゃ母は読めない。

無理だなこれは

 

 

 

 

と思ったら認知症予防のための脳トレブックが置いてあった。

 

 

見てみたらなかなか字が大きい。これならギリ読める…かな?

 

 

内容は、間違い探しや、漢字の読みを後ろから書く、お釣り計算など。

ちょっと内容は母には難しすぎるかな、と思ったけど、一度これで試すことにした。

 

塗り絵に関しては100均で子供用塗り絵で、塗る箇所が細かくないものを選んだ。

 

 

 

買う前は、もう半べそ状態で、気を緩めたら涙が押し寄せて来る状態で、

少しの希望にすがる気分だったけど、

買った後は「これを使ってがんばろう」って少し光が見えた気持ちになれた。

ほんのわずかだけど 

 

 

家に帰って、家事もろもろひと段落。その日もハチャメチャだった。

母の変わり果てた姿。付き添ってる間はなく余裕もない。

 

 

 

家事を一緒にしていた母が急に消えたなぁと思ったら、

リビングでもう眠りにつこうとしていた。

 

家事で疲れたのもあるだろうから小一時間寝ておいてもらって。

 

で、しばらくしたら目覚めたから、

脳トレブックと塗り絵をやってもらうことにした。

 

 

 

正直、脳トレブックは母には難しすぎた。

 

もうちょっとまともな、というか母のような段階になるより前の人向けだわ。

 

できる問題がほぼなかったが、歌詞の穴埋め問題などを少々。

空欄の場所もわからず、見当違いな場所に書いていたけど、

文字を書くだけでも指の運動だと思って好きに書かせた。

 

 

 

 

塗り絵もなかなかハードだった。

ツムツムのキャラが6個くらい並んでるページで、

 

プーさんを塗ってくれと頼んでみたら、いきなりはみ出て、

絵の外側をカリカリ塗っている。どんどんどんどん塗る場所はずれて行き、

斜め左下のティガーにたどり着いた。

まぁこれも手を動かしてるからいいとしよう。だってどうしようもないし。

 

 

眠そうな顔になってきて、集中力もなくなったようだった。

これ以上はもう無理だなと思ったのでやめた

 

 

 

うーん、やっぱ思ったよりできなかったな

でもこんなんでも、続けたら脳の刺激になるかもしれん。

 

 

 

でもこれじゃちょっと物足りないから、

指を直接動かす簡単な運動を考えてみた。

 

 

続きます

 

 

 

さぶお