やっぱ美容院苦手だ・・・・・・

美容院行ってきた

 

美容院での会話が苦手すぎ人間なもんだから、

本当に髪が伸びすぎて、毛が増えすぎて、自分でも嫌になってからしか行かない

今回なんて4か月ぶり。

 

 

夏だったのもあって、髪は基本結んで仕事に行っていたんだけど、

髪を束ねた時に、束の直径が3~4cmにまでなってしまってて、

いい加減髪を乾かすのもうっとうしくなってた。

 

そのおかげで髪の乾かし方も雑になり、毛先はバシバシ。

木の枝かよ・・・・って思うくらいバシバシで、まとまるはずもない。

 

 

 

もう前回から4か月ちょっと経っているし、

もはやこんな頭で美容院に行くのも恥ずかしいくらいだったけど、

さすがにこれ以上この頭を放置しておけなくなって、

ササッとネット予約(電話予約はまた別の勇気がいるので)して週末に行ってきた。

 

こういう時は思い切って予約しないと、後回しして永遠に行かないので、

思い立ったら即行動。これ大事。

 

 

 

以前にも、この美容院についてはブログに書いたのだが

初めて来たときに記入した用紙に、

 

静かに施術を受けたい or ワイワイ楽しく施術を受けたい

 

って希望を書く欄があったので、

よっしゃキタ!って思いながら静かな方を選んだ。

美容院では会話したくないから…

 

 

 

で、静かに髪を切ってくれるのはいいんだけどさ・・・

 

他の席のお客さんと美容師さんが楽しそうに会話していると、

なんか私の周りの空間がお通夜みたいになってる気がして、なんか気まずかった。

 

 

鏡越しに見えた男性のお客さんですら、美容師さんと談笑しているのを見て、

(男性客はひたすら黙って施術を受けるという、私の勝手な偏見です)

あぁコミュ力あるなぁ・・・・と感心しながら、

 

 

「自分は人間として色々と欠けているんじゃないか」という気持ちになる。

 

そして、私の髪を切ってくれている美容師さんも

「この日と普通の会話すらできないんだな」って思ってそうで余計気まずい。

 

美容院でしゃべりたくないっていう人は割と結構いるとは思うけど、

なんかこの世で私一人だけ、っていう気持ちになるほど、孤独感を感じる。

 

 

他のお客さんがいるとこんな思想が巡るけど、

他にお客さんがいないと、

「放課後の教室に自分ひとり」状態の静けさになってしまって、

すぐにでも逃げ出したい感情がおそってくるので、

 

 

できれば店内には、私と同じように

「美容師さんとあまり話したくないお客さんがいる」ことが好ましい。

 

 

まぁそんな状況めったにないんだが(そもそも美容院にあまり行かないし)

ずっとガンガン話しかけてくるよりは、ずっとか気楽にいれるので、

耐えるしかない、というか周りを気にしなければいい。

 

 

 

しかし私をいつも担当してくる美容師さん…

来る回数を重ねるにつれ、ちょくちょく話しかけてくるようになったので

新しいところを探そうか考え始めている・・・・・・

 

 

嫌いなわけじゃないんだよ。

単純に会話が、壊滅的に下手くそなんだよ私。

 

 

 

そしてお願いがある

 

 

ドライヤーかけてるときに話しかけるのだけはやめて。

私の声はかき消される

 

 

 

 

さぶお