ブラウンシュガーってなんなんだ

海外のお菓子が好きで、お菓子作りしたい時は

英語で検索して海外のレシピを見るようにしてるんだけど、

 

なかなか日本ではあまりお目にかかることのない材料とか使ってて、

作るのを諦めたり、他に代用できるものを探したりしてる。

 

 

 

で、海外のレシピによく入りがちなのがブラウンシュガー

 

 

 

最近までは、お菓子作りでブラウンシュガーが入ってたら、

代わりにグラニュー糖を足してたけど、

大体のレシピってブラウンシュガーとグラニュー糖が両方入ってるから、

 

「これ両方入れる理由があるんじゃね?」

 

と思ってきて、そろそろブラウンシュガーを手に入れようと思った。

 

 

 

でもさ、スーパーの砂糖のコーナーで、

ブラウンシュガーが売ってるの見たことない気が…

 

で、三温糖なら売ってるの見たことある…

 

 

 

 

もしかして、ブラウンシュガーと三温糖って同じもの?

 

日本語にしたら三温糖??

 

 

 

ってなってささっと調べて見たら…

 

 

海外では茶色い砂糖は全てブラウンシュガーやから、

三温糖もきび砂糖も黒糖も一緒やで

 

 

やと

 

 

 

 

なんてアバウトな…

 

流石に黒糖は違うやろ…

あれはかなりクセ強いもんやで…

 

 

 

でもそんな大雑把なところ

 

 

 

私嫌いじゃない

 

 

 

世の中これくらいテキトーがいい

 

 

 

ってことで、三温糖を手に入れてきました。

きび砂糖はなんかよくわからんけど、まぁええか。

 

 

きっとブラウンシュガーを入れると、

クッキーとかケーキ生地とかが、しっとりずっしりするんやと思うの。

 

チャンキーなクッキーに入りがちなブラウンシュガー

マッドなチョコケーキに入りがちなブラウンシュガー

 

 

これで私の大好きな激甘しっとりスイーツが自分でも容易に作れるはず…

 

また今度作ります

 

 

 

ていうかさ、あんこは小豆と砂糖が1:1で、

砂糖の量ハンパねぇ!とか言っとるけど、

 

海外のスイーツの砂糖も同じくらいやで…

 

 

 

甘いものは甘さを楽しめ

オイリーなものは油分を楽しめ

しょっぱいものは辛さを楽しめ

 

 

 

はぁ、こんなんだから口内炎も治らん

 

 

さぶお