カザーナ 横浜みなとみらい店でカレー食べてきた

先日遠征した時に1人で行動する時間があったので、

 

 

 

よっしゃ好きなもの食べよー

何にしよっかなー何にしよっかなー

ルンルン!ルルン!

 

 

 

とルンルンしていたら、クイーンズスクエア内にカレー屋さんを発見!!

私カレーダイスキじゃん!行かなきゃ!

 

1人でいるときはカレー屋に行きたくなる私。

なんとなくお店にも入りやすいところが多いし。

 

昼前どきで、店の前で店員さんが客引きしていて入りづらかったので、

一瞬避けて様子見。周囲をぐるっと回って戻ったら誰もいなくなってたので、

お店の前に来てメニューの確認。ランチバイキングあり…とな。

 

 

入る気満々だったけど、ちょっと悩んでるふり。

その後すぐ店内へ。すぐお席に案内される。

 

 

インド人かネパール人か知らんけど、

店員さんが「ランチバイキング?」って聞いてきたから

反射で「はい」って言っちゃった。

 

 

 

あ、バイキングってナン選べないやん…

あればチーズナン食べたかった…

 

と少々後悔したが、

まぁたまには普通のナンもええか〜と心を無理やり鎮めた。

 

色んなカレーを好きなだけ食べれるのもバイキングだけやし、

と追い討ちをかけて心をより鎮めた。

 

 

オールフリーなスタイルで、

注文したらもう好きにお取りください状態らしかった。

始めはそれがわからなかったので、テーブルで数秒座っていたが、

「あ、自分で勝手にやっていいのか」って悟って、やっとバイキング開始。

 

 

 

カレーは5種類くらい、

ネパールカレー屋で必ずと言っていいほど見かける

サラダとチキンとせんべいみたいなん、

あとデザートにブツブツが入ったゼリーみたいなんと、

シナモンラスクみたいなんがあった

 

f:id:sabuochan:20190213085058j:image

 

 

食べかけですが…

 

 

普段不足しまくっているサラダと、タンドリーチキンと、

食べれそうなカレーをよそってお席に戻る。

 

ナンがないぞ?と思って、タイミングを見計らってネパールガイに聞いてみたら、

「持っていきます」だって。

 

そこでナンのシステムも把握。

注文が入ったらナンを焼き始めて、できたらお席に持ってきてくれる。

ただ待ってたらよかったんだ。

 

 

でもこのシステムを知らない人がほとんどで、

周りのお客さんも何を求めてネパールのガイに聞きに行っていた。

 

そのあとすぐにナンが運ばれてきた。

 

 

 

さぁ頂こう。

 

 

野菜のカレー

キーマカレー

バターチキンカレー

 

を頂いた。

 

 

キーマカレーはめっちゃ辛かった。それはもう結構辛かった。

でも味はおいしいからお水片手にパクパク。

辛さとか一切書かれてないから、わかんなかったんだよね・・・・

 

野菜カレーはさっぱりあっさり。おいしい。

 

バターチキンは期待を裏切らないおいしさ。コクがあって一番おいしかった。

 

 

 

ふとテーブルのメニューを見ると、ラッシー100円と書いてあった。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・うかつだった。

 

 

私、ラッシーが大好物である。完全に失念していた。忘れきっていた。

これを飲まずしてネパールカレー屋を後にすることなんてできない・・・・

 

再びタイミングを見計らってネパールガイを呼び、ラッシーを注文。

「プラス100円ね」と。

むしろ100円は安すぎです。

ランチバイキング時のみの値段だったかな?

 

 

ラッシーの写真はありませんが想像通りのラッシーです。

お味はヨーグルト風味が強めで、甘みはあるけど、

今まで飲んできたものよりは甘み控えめだった。おいしい。めっちゃおいしい。

 

カレーの油分とラッシーの乳成分を大量摂取したから、

そのあとに控えるライブで腹痛になるんじゃないかという不安もあったけど、

ここで我慢して注文しないという選択肢は、この時の私にはなかった。

結局お腹は何ともなかった。

 

私のお腹はいざという時最強である。

 

 

 

最初に取ったカレーがなくなって、バターチキンカレーをさらに2度お代わりして、

腹パンパンパンパンパンになりながらお店を後にするのであった。

 

 

行ってよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぶお