頑張る必要がないものもあった。悲しくなった。

ベジタリアンのお客さんへ出す料理に苦労する日々。

何を作ったらいいのかわからない。

 

なんの野菜ならよく食べるのか、どんな味付けが好みなのか。

もともと野菜が苦手な私は、余計わからない。

サラダなら食べてくれるのわかるんだけど。

 

 

 

肉と野菜を一緒に調理した料理でも、肉を避けて野菜を食べてくれるものなのか。

肉の脂分が野菜についてるからアウトか。

マヨネーズとか隠し味に入れてもわかってしまうのか。

こっそり入れるべきではないのか。

 

野菜だけの炒め物を作っても、あまり食べないこともあって、

何がお気に召していないのか理解できない。

多少食べてるんだろうけど、減りが少ないとおいしくなかったんじゃないかって

思ってしまう。

 

 

考えに考える毎日。

 

 

ヴィーガンチーズとか、ヴィーガンマヨネーズとか作るまでは、さすがにできない

(というかそこまでしてチーズやマヨネーズっぽいもの食べたいなら、

ヴィーガン辞めちまえと思う)

 

だからあくまで家にある、自分がよく使う材料でできる料理…

 

 

ってかなり限りがある。

 

 

 

もうよくわからなくなったから、味付けは本人に任せてみようということで、

シンプルにジャガイモ・玉ねぎ・人参・ブロッコリー・トマトをザク切りにして

温野菜にしてみた。

野菜を大きめに切って、蓋つきシリコン容器に入れてレンジで温めるだけ。超簡単。

 

テキトー感満載の料理 (もはや料理?) だったが、食卓に出してみたら…完食だった。

 

 

 

 

おっ

 

 

 

 

純粋に作った料理をいっぱい食べてもらえたことが嬉しかった。

 

 

 

 

と同時に、なんだか少し切ない気持ちになった。

 

いろんな味付けを考えて、野菜の組み合わせを考えて、

ときにキノコを入れてみたり、春雨入れてみたり、豆腐入れてみたり、

豆入れてみたり…自分なりに手間をかけて作った料理はあまり食べられず、

 

ただ野菜を切ってレンジに入れただけの料理をもりもり食べる。

サラダも然り。野菜を切って混ぜただけなのにもりもり食べる。

 

 

私がいくら頑張っても意味なかったんだって…

自分が考えて作ったものじゃなくて、

誰でも作れそうな素材そのものでしかない料理の方が食べてくれるんだって。

 

苦労報われない感じ。

 

 

 

あぁ、今まで頑張ってたのは何だったんだろう、と。

 

 

いや、そのプロセス頃が今回の発見につながったのも事実だけど、

 

 

なんか悲しい

 

 

 

さぶお